お得な豆知識

花粉症が肌荒れの原因になる?おすすめスキンケア化粧品

花粉症の季節がやってきました。くしゃみ、鼻水、喉のイガイガ、目のかゆみなど様々な症状が体に現れて辛いですよね。でもその症状だけではなく、肌にも異変があらわれるんですよ!

気づけば肌が赤く荒れていたり、吹き出物ができていたりしませんか?

私もひどい時は顔がパンパンに腫れたり、鼻の下が真赤になったり、頬っぺたに吹き出物ができたり、肌のトラブルが!そんなことになる前に、スキンケアで花粉から顔を守りましょう。

今日は花粉症におすすめのスキンケアをご紹介しましょう!肌荒れ対策にもなるはずです。

スポンサーリンク

花粉症の症状は目や鼻だけでなく肌荒れの原因にもなる

花粉症と言えば、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、咳、喉のイガイガ、目のかゆみなどを思い浮かべますよね。店頭でも花粉症対策の商品と言えばマスクや鼻の薬、目薬などが売られています。でも花粉症の症状はそれだけではありません。

実は肌にも花粉症はダメージを与えています。顔がパンパンに腫れてしまう症状や、鼻の下が赤く痛くなったり、頬に吹き出物がでて見だってきたりと、私も嫌な経験があります。鼻をかみすぎて荒れてしまったことで、今話題のセレブなティッシュに変えて鼻をかむようにしたら顔の赤みが引きました。

ティッシュにより肌へのダメージもあるみたいです。それからは少し高くても風邪をひいたときや花粉症の時期はセレブなティッシュがかかせません!それぐらい肌は花粉症によってダメージを受けています。

花粉症により肌のダメージはちゃんと名前がついていて、「花粉症皮膚炎」と言われています。鼻をかんだり、目をこすったり、それだけで肌にダメージを与えています。予防としてつけているマスクも摩擦で肌にダメージを与えていることもあります。敏感肌の方はとくに悪化しやすいです。

肌にダメージがあると、女性の方では化粧のノリが悪くなったり、肌が突っ張ってピリピリしたりするのでできるだけ防ぎたいですね。

スポンサーリンク

花粉症による肌荒れにオススメなスキンケアアイテムの選び方


では、そんな花粉症の肌荒れに効果のあるスキンケアアイテムとは一体どんなものでしょうか?できるだけ肌荒れはすぐに直したいですよね。

普段敏感肌ではない方でも花粉症の時期は肌が敏感になりやすいです。いつも使っているアイテムがピリピリしみて痛いなんてこともあるかもしれません。そういう時はなるべく添加物が入っていないものを選び、敏感肌用と言われるものを使用してください。

また、保湿をしっかりすることで乾燥を防ぎます。乳液や、添加物の入っていないオールインワンなどを使ってしっかり保湿することで肌への負担を軽くします。化粧品もできるだけ落としやすいものを使うのがいいですね。ゴシゴシ落とさなくてもするんと落ちるメイクが理想的です。花粉症の時期はできるだけ薄づきのメイクが好ましいです。

今は花粉症の方に、という化粧下地なんかも売られていますので、試してみる価値はありそうです。

花粉症による肌荒れはセラミドで保湿

皆さんも「セラミド」という言葉を聞いたことはあると思います。セラミド保湿など、保湿って言うんだからセラミドが保湿してくれるんだろうと思いますよね!セラミドとは保湿してくれる成分ではなく、肌に協力なバリアを張ってくれるモノです。

肌に協力なバリアを張ることにより、花粉から肌をしっかり守ってくれるすぐれものです!外出したい日は、メイクを落としてセラミド配合のスキンケアアイテムを使ってしっかりその日に受けたダメージを保湿しつつ、協力なバリアを張って花粉症に負けない肌を作っていく必要があります。

セラミド配合の化粧水!と書かれた化粧水や他のスキンケアアイテムはドラッグストアでも手軽に購入できます。自分に合ったモノをいろいろ試して肌荒れ対策をするのがいいですね!

保湿成分がまったくない!ただバリアを作るだけのもの、ではないのでどんどん使っても大丈夫です。セラミド配合の化粧水を使ったあとに、いつも使っている乳液や美容クリームなんかでしっかりと覆ってあげるのもいいと思います!

スポンサーリンク

まとめ

花粉症は人によって症状は様々です。鼻水やくしゃみだけの人もいれば、鼻も目も喉も全部やられた!なんて人もいます。全く症状がない方もいます。花粉症がない方が本当に羨ましくていいなぁ~といつも思います。マ

スクに鼻栓に目薬に飲み薬・・・いろんなことを試しても完全に完治することはないので、騙し騙し毎年花粉症を乗り切っています。そんな時に肌まで荒れてしまった時にはもう絶望ですね。私はいつも肌が荒れる前にまずはセレブなティッシュを使うようにしています。

鼻を噛むのはセレブなティッシュと決めていて、ほかのティッシュよりかは値が張るけど、これも肌への投資!とおもいつつ使っています・・・。でもそれでも赤みやトラブルが収まらない時はしっかり顔を保湿することで対策しています。ちょっとしたことですが、だいぶ肌へのダメージは少なくなりました!顔が乾燥しないように気をつけて、今年の花粉症もがんばって乗り切りましょう。

関連記事

  1. お得な豆知識

    お金を貯めれる主婦の特徴とは?貯まらない主婦の違い

    お金を貯めることって簡単なようで難しいことです。ある人はどんな貯金方法…

  2. お得な豆知識

    【重要】厄年の男性は注意が必要!厄払いの時期や方法について

    年があけて初詣に行ったときに、はじめて自分が厄年だと気づくことがありま…

  3. お得な豆知識

    人参を長持ちさせる保存方法とは?【冷凍・冷蔵・常温】違い

    人参は、とても栄養豊富で色鮮やかな食材です。食卓を豊かに彩ってくれて、…

  4. お得な豆知識

    赤ちゃんの男女性別いつわかるの?エコーでの判断方法について

    元気に健康で生まれてきてくれたら性別はどちらでも構わない、男の子でも女…

  5. お得な豆知識

    彼氏にプロポーズさせる凄い方法!秘密の誘導テクニック 8選

    結婚したいけれど、彼氏がなかなかプロポーズをしてくれない...そんな時…

  6. お得な豆知識

    出産後のダイエットは規則正しい食事と運動で成功!痩せる方法

    妊娠中は精神的にも不安がいっぱい...。産んだら産んだで子育てはもちろ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ツイッター

  1. お得な豆知識

    人参を長持ちさせる保存方法とは?【冷凍・冷蔵・常温】違い
  2. お得な豆知識

    【2018年の七五三】時期はいつ?お参りの神社選び!
  3. お得な豆知識

    女性が理想とするプロポーズとは?場所や言葉で感動させる!
  4. お得な豆知識

    主婦の為の子育ての時間・お金節約法!ネット活用で楽しよう!
  5. お得な豆知識

    夏バテの原因や症状をチェック!毎日の食生活で予防!
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。