赤ちゃんの悩み

赤ちゃんが咳で吐く症状とは?絶対に必要な対処法はこれ!

赤ちゃんでも大人と同じようなをします。赤ちゃんはゴホゴホという咳というよりケホンケホンという咳をします。

母乳を飲んでいるときやミルクを飲んでいるときにも咳き込んでしまったりしてそのせいでミルクを吐いてしまうこともよくあることです。ですがそれ以外の時でも赤ちゃんは大人と同じように咳をすることがあります。ミルクを吐くなどの咳で吐く症状にはどんなものがあるのでしょうか?その時の対処法とは?

スポンサーリンク

赤ちゃんが咳で吐く症状の原因とは?

赤ちゃんが咳で吐いてしまう症状には、いくつかの原因があります。

①胃が原因
一つめは胃です。赤ちゃんの胃の形は大人みたいにS字ではなくまっすぐな胃をしています。大人のようにストッパーがないために赤ちゃんは咳き込んでしまうとすぐに胃からミルクが逆流してしまい吐いてしまいます。

そして赤ちゃんはミルクを飲む時に一緒に空気も飲んでしまいます。そのためうまくゲップができなかった時なども咳によってミルクが逆流してきて吐いてしまいます。赤ちゃんの胃はまだまだ未発達なためすぐに逆流してしまうのが当たり前と言っても過言ではありません。

だんだんと大きくなってくると逆流することが少なくなりますし、吐く症状も治まってきますのでまずは様子をみてみましょう。

②鼻水が喉に流れ込む原因
二つ目は鼻水が喉に流れ込んでしまったりうまく痰を吐き出すことができないために咳をすることで吐いてしまうという症状が起こります。痰がうまく吐き出せないときには赤ちゃんも咳の仕方をちゃんと変えたりと工夫しているんです。すごいですよね。赤ちゃんが吐いてしまうのはどうしても起こってしまうものなのです。

スポンサーリンク

赤ちゃんが授乳後に咳で吐く症状の原因とは?

赤ちゃんがどうして吐いてしまうのかはわかったけど、授乳後に咳で吐いてしまい症状の原因はなんなんでしょうか?赤ちゃんが授乳中や授乳後に吐いてしまう症状もよくあることです。上記のように胃が未発達な為に起こったり、むせてしまうことで咳は起こってしまいますが、それ以外にも授乳で咳が起こってしまう原因があります。

①母乳やミルクをのんでいるとき吐いてしまう症状
一つめは母乳やミルクが勢いよくでることで咳き込んで吐いてしまうという症状です。いきなり大量のミルクや母乳がくると勢いが良すぎてむせてしまいます。大人でも一気飲みなどしてしまったときはむせてしまいますよね。それと同じで赤ちゃんもむせてしまうのです。

②飲み過ぎ
二つ目は飲み過ぎです。赤ちゃんは満腹感を得ることも胃がまだまだ未発達なため難しいのです。そのためどんどん飲むことによって胃の中で許容用を超えてしまってミルクを吐いてしますということがあります。

③呼吸
三つ目は呼吸です。一生懸命母乳やミルクを飲むことで呼吸がうまくできなくなってしまいむせてしまうのです。どれも赤ちゃんらしい理由なのですがその時により原因や症状も違いますので日頃から赤ちゃんをしっかり観察してあげましょう。

赤ちゃんが咳で吐くときの対処法とは?

赤ちゃんが咳で吐いてしまう時どういった対処法をとれば赤ちゃんは苦しい思いをしなくてすむのでしょうか?そんな方法はあるのでしょうか?

赤ちゃんが咳で吐いてしまう時はまずはしっかりゲップを出してあげましょう。飲み込んだ空気をしっかり出してあげることで吐くことを抑えることができます。赤ちゃんのゲップを出してあげるときは縦抱きで優しく背中をトントンしてあげたりさすってあげることでゲップを促してあげることができます。うまく出すことができない子もいますので少し長い時間粘ってみましょう。

母乳量やミルクの量を調節してあげたり、ミルクであれば哺乳瓶の乳首の大きさを見直してみましょう。乳首の大きさは生後○ヶ月からというふうに分けられています。自分の子にあったものを使いましょう。早く飲んで欲しいからといって大きめをつけるとその分勢いもついて吐き戻してしまう原因にもなります。

またお腹がすいてるからと一気にミルクの量を増やしてしまうとそれも吐き戻しの原因になりますので調整するといいでしょう。

ほかにも鼻水をすってあげたり、呼吸するタイミングを作ってあげることで吐き戻しをふせぐことができます。ぜひ試してみてください。

スポンサーリンク

まとめ

赤ちゃんが母乳やミルクを吐き戻してしまうことはよくあることです。うまくゲップができずそのまま寝てしまったりもして口からたら~っとミルクが出ていたり、勢いよくゲホっと吐き出してしまうことも度々あります。しっかりゲップを出してあげても時にはミルクを吐いてしまうこともあります。

胃が未発達な赤ちゃんにとって吐き戻しや咳はよくあることです。ですがそれが風邪が原因で起こっている場合もありますので、日頃から赤ちゃんの様子をしっかり観察しておくといいですね。

関連記事

  1. 赤ちゃんの悩み

    赤ちゃん「はちみつ」いつから大丈夫?乳児がハチミツNGな理由

    赤ちゃんに「はちみつ」をあげてはいけないということを知っていますか?つ…

  2. 赤ちゃんの悩み

    チャイルドシートって何歳まで使うの?使用義務を暴露!

    赤ちゃんが産まれて退院するときに使うチャイルドシート。赤ちゃんにとって…

  3. 赤ちゃんの悩み

    赤ちゃんに蕁麻疹がでた原因とは?2つの対処法について!

    幼い赤ちゃんの子育ては本当に大変です。大人よりも繊細でか弱いので、親が…

  4. 赤ちゃんの悩み

    赤ちゃんに「はちみつ」は危険!与えた症状とは?絶対ダメな理由

    「はちみつ」って自然の恵みで赤ちゃんにとっても栄養満点で離乳食として与…

  5. 赤ちゃんの悩み

    赤ちゃんの鼻づまりを解消する方法!症状が悪化する前に吸引

    赤ちゃんって小さくて本当にかわいいですよね。手だって足だって全てが私た…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ツイッター

  1. お金節約

    エアコンの電気代を激的に節約する方法8選!安くて嬉しいテクニック
  2. 季節トレンド

    松本人志の映画、なぜ評価されないのか?大日本人・さや侍・R100
  3. 妊娠中の悩み

    つわり気持ち悪い症状が続く場合の対策とは?妊娠初期の悩み
  4. 恋愛・結婚

    倦怠期だと思う彼氏の特徴とは?倦怠期の乗り越え方5選
  5. お得な豆知識

    幼稚園と保育園の違いとは?将来的に学力の差でるの?ママの不安解消
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。