赤ちゃんの悩み

赤ちゃん「はちみつ」いつから大丈夫?乳児がハチミツNGな理由

赤ちゃんに「はちみつ」をあげてはいけないということを知っていますか?ついこの間「はちみつ」を間違って食べさせてしまい亡くなってしまったという痛ましい事故がありました。

赤ちゃんが「はちみつ」を食べてしまうと最悪の場合死亡してしまうことがあります。赤ちゃんに「はちみつ」を与えてもいい時期はいつからなのでしょうか?

どうして「はちみつ」がダメなのを知ることで事故を防ぐことができます。今日は赤ちゃん(乳児)と「はちみつ」の関係についてお話していきますね。

スポンサーリンク

赤ちゃん「はちみつ」を食べさせてはダメな理由とは?

赤ちゃんが「はちみつ」を食べてはいけない理由は、ずばり「ボツリヌス菌」です。ボツリヌス菌という名前を聞いたことがある人も多いはずです。ボツリヌス菌とは食中毒の一種で非常に毒性が強い菌です。

とても毒性の強い菌が消化器官がまだまだ未発達な赤ちゃんの体に入ることで、腸まですぐに菌が到達してしまいどんどん体の中で増殖してしまいます。大人が食べても食中毒にならないのは消化器官がしっかり発達しているからです。

ボツリヌス菌に感染してしまうと様々な症状が赤ちゃんにあらわれます。一つ目は便秘です。腸内でボツリヌス菌が増殖して腸の動きを弱めてしまうことで便秘を引き起こします。便秘があまりにも続くようであれば数日で食べた物を一度見直して「はちみつ」が入っていないかをチェックしてみましょう。

二つ目は授乳量が減ることです。ボツリヌス菌には首の座りを緩くしたり、母乳を吸う力を弱くして授乳量が減ってしまうということがあります。ボツリヌス菌によって神経麻痺を起こしてしまうため首の座りがいきなりゆるくなってしまいます。ボツリヌス菌は加熱しても菌は死にません。

赤ちゃんが「はちみつ」を少しでも口にしてしまうと死に至ってしまいますので十分に気をつけましょう。

赤ちゃんに「はちみつ」を与えると、どんな症状になるの?
>>赤ちゃんに危険な「はちみつ」その症状とは?

スポンサーリンク

赤ちゃん「はちみつ」いつから大丈夫?

最悪の場合死に至る「はちみつ」はいつから与えても大丈夫になるのでしょうか?

「はちみつ」は一切未満の乳幼児には与えていけないと言われています。産後すぐから6ヶ月までは特に気をつけなければいけません。離乳食が始まると間違って食べてしまうということが起こってしまいますので気をつけてください。

離乳食が始まるまでは母乳やミルクで赤ちゃんは生活しているため消化器官もまだまだ未発達な状態ですが離乳食が始まるとどんどん消化器官も発達していきます。ですので満1歳をすぎれば「はちみつ」を与えてもいいとされています。

1歳になったからたくさん食べても大丈夫!というわけでもなく体調がいいときに食べさせて様子を見るようにしましょう。お腹の調子が悪いときや風邪をひいているときなど免疫力が下がっているときの摂取は避けておいたほうがいいでしょう。

赤ちゃん「はちみつ」を食べてしまった場合の対処方法とは?

気をつけていても間違って食べさせてしまったり、「はちみつ」が食事の中に入っていることに気づかずに食べさせてしまうこともあるかもしれません。もし赤ちゃんが間違って「はちみつ」を食べてしまった場合は体調の変化に気をつけましょう。

まずは口の中に残っている「はちみつ」を拭き取れるようなら拭き取りましょう。そしてミルクや母乳を飲ませましょう。病院を受診した際は「はちみつ」を食べてしまったことを必ず伝えるようにしましょう。

ボツリヌス菌は3~30日という長い潜伏期間があるためにすぐに症状が出てしまうということがありません。お医者さんと相談して様子を見るようにしましょう。

すべての「はちみつ」にボツリヌス菌が含まれているわけではないので間違って食べてしまっても発症しないこともあります。まずは赤ちゃんの様子をしっかり見ておくようにしましょう。

スポンサーリンク

まとめ

赤ちゃんと「はちみつ」は本当に気をつけたいものです。私も気をつけてはいますがどんなものに含まれているか食品表示がなければわかりませんよね。離乳食時期や1歳になるまでは気をつけましょう。食品表示やどんなものに「はちみつ」が使われているかを気にすることで事故を防ぐことができます。赤ちゃんのためにもお母さんが防いであげましょう。

関連記事

  1. 赤ちゃんの悩み

    赤ちゃんが咳で吐く症状とは?絶対に必要な対処法はこれ!

    赤ちゃんでも大人と同じような咳をします。赤ちゃんはゴホゴホという咳とい…

  2. 赤ちゃんの悩み

    赤ちゃんの鼻づまりを解消する方法!症状が悪化する前に吸引

    赤ちゃんって小さくて本当にかわいいですよね。手だって足だって全てが私た…

  3. 赤ちゃんの悩み

    赤ちゃんに「はちみつ」は危険!与えた症状とは?絶対ダメな理由

    「はちみつ」って自然の恵みで赤ちゃんにとっても栄養満点で離乳食として与…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ツイッター

  1. お得な豆知識

    痩せにくいアラサー女性の体は年齢が原因?対策方法とは?
  2. お金節約

    エアコンの電気代を激的に節約する方法8選!安くて嬉しいテクニック
  3. 恋愛・結婚

    彼氏が風邪をひいいたときのお見舞い?グッとくる看病方法5選
  4. 悩み

    赤ちゃんのあせも対策!頭や背中に出来た場合の治し方
  5. お得な豆知識

    夫婦で共働きは大変でストレス!仕事と子育て両立の仕方とは?
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。