お得な豆知識

子供を産んで女性は変わる?出産後ママになって変わったこと

出産後の女性の身体や心には、良いことも悪いことも様々な変化が起こります。今回は、私が出産を経験して感じた出産前と出産後の身体と心の変化や、マイナスの変化をプラスにとらえて幸せ度を上げていく方法を書いていきたいと思います。子供産んだら女性は変わるの?出産後ママになって変わったことについてです。

スポンサーリンク

子供を産んでからの身体面での女性の変化とは?

・体重
私は産後3ヶ月くらいで妊娠前の体重に戻りました。生まれてすぐは授乳間隔も短く、お世話も慣れていないのでバタバタしてお昼ご飯を抜くこともしばしば…そのため、自然に体重が落ちていきました。

・体型(お腹)
産後すぐはお腹がプヨプヨていて力も入らず、お腹がぽっこりと出ている状態でした。生まれたのに、まだ赤ちゃんお腹にいるの??と思うくらい(笑)。産後1ヶ月経っても余裕でぽっこりしていて、ちゃんと戻るのか不安でしたが、赤ちゃんのお世話がリハビリになり、だんだんお腹に筋肉が付いてきました。そして、徐々にヘコんでいき、くびれもできてきて、ほぼ元通りになりました。

・体型(お腹以外)
何故だかは分かりませんが、妊娠前よりも少し脚が細くなりました。また、妊娠前はよく脚が浮腫んでだるかったのですが、産後はあまり浮腫まなくなりました。骨盤の締まり具合の変化のせいでしょうか…?骨盤ベルトは、産後2ヶ月くらいまで付けていました。妊娠前より少しスタイルが良くなり嬉しい変化でした。

・子宮に違和感がある
時々下腹部がチクチク痛む時があります。妊娠前には感じたことがない痛みなので少し気になりますが、耐えられない程ではないので大丈夫です。

私が感じた体の変化はこんな感じです。よく出産後に、便秘や花粉症特が治った!とか、逆に快便だったのに便秘になったり、花粉に敏感になってしまったり…ということを聞きますが、私の場合は、便秘も花粉症も妊娠前と特に変化はありませんでした。また、産後すぐは髪がパサついたり、抜け毛が増えたように思いましたが、すぐにおさまり、それほど悩むことはありませんでした。

スポンサーリンク

出産前と出産後の女性の変化とは?生活面について

・子供が中心の生活になる
出産後は子供の授乳や睡眠に合わせてパパとママが生活するというスタイルになりました。買い物も、必要なものをサッと買って帰ります。ウィンドウショッピングがゆっくり出来なくなったのは少し寂しいです…。

・自分の時間がなくなる
子供のお世話で自分の好きなことをする時間が減りました。でも、好きなことを全くしなくなるとストレスが溜まるので、子供が昼寝をしている間を上手く利用してやっています。

・自分に使えるお金がない
子供が生まれる前までは、服も化粧品も気に入ったものはすぐ買っていましたが、子供が生まれたら無駄遣い癖がピタリとなおりました。子供が小さいうちは家でゆっくり過ごすことが多いので、化粧品も服もそんなに必要ないですしね。

・早起きするようになった
子供がいない時はたくさん寝てダラダラしていましたが、子供が朝早く起きるので、良い目覚ましになっています。夜も子供と一緒に早く寝るので、規則正しい生活をするようになりました。

・パパより子供が優先
子供が生まれる前までは、パパにしてあげていた耳かきやマッサージも、子供が生まれてからは全くしなくなりました(笑)。自分のことは自分でしてね!という感じです。いつかもう少し余裕ができてきたら、またパパが喜ぶことをしたいなと思っています。

出産前と出産後の女性の変化とは?性格について

・子供好きになった
今までは赤ちゃんや妊婦さんを見ると、可愛いとか羨ましいというよりかは、大変そうだな?という意識が強かったです。しかし、自分に子供が生まれてからは、自分の子供はもちろん、他の子もとても可愛いと思うようになりました。妊婦さんや子供を見かけると、幸せな気持ちになります。

・性格が悪くなった?
守らなければならないものが出来たからでしょうか…。節約してもっとお金を貯めないととか、良い仕事に就いたり、良い住まいを購入するためにもっと勉強しないと…!等、将来のことを考えてピリピリすることが増えたように思います。不安になることも多く、呑気にしている夫を見るとついキツく当たってしまうこともあります。私は出産後まだ1年も経っていないので、子育てに慣れて落ち着いてくれば、今後変わってくるかもしれませんが…。

・子供の笑顔を見ると穏やかな気持ちになる
子供の笑顔がとにかく嬉しいです。イライラしていても、笑顔を見ると癒されますしホッとします。励まされ、頑張る原動力にもなります。こんなにも子供の笑顔にパワーがあるとは思いませんでした。

プラス思考で幸せな価値観を持つ

自分のために使えるお金がなくなったけれど、浪費グセがなおって物を大切にするようになったり、本当に必要なものか良く考えて購入するようになったので、賢い買い物が出来るようになりました。また、子供が中心の生活で自由に過ごせる時間は減りましたが、子供についての夫婦の会話が増えたり、一緒に子供のことを考える機会が多くなり、夫婦の絆がより深くなった気がします。

そして、出来る範囲で自分の好きなこともするようにしてストレスを発散しています。疲れてしまって子育てや日々の生活が楽しくなくなってしまわないように頑張り過ぎないことも大事だと思います。

時々プラス思考になって気持ちを軽くしたり、自分にもご褒美を与えながらバランスをとっていれば、幸せのバロメーターが上がります。

スポンサーリンク

まとめ

出産後の身体や心の変化は、決して嬉しいことばかりではありません。子育てや日々の生活に疲れたら、ちょっと一息ついてプラスの考えを取り入れたり、自分の好きなことをしてみたりして、気持ちにゆとりを持たせると良いと思います。そうすれば、子供と過ごせる時間を、より幸せなものだと感じることができます。

関連ブログ

>>育休の延長って、どれぐらいできるの?育休の延長条件と提出書類について

>>妻が夫に対してイライラする原因について!旦那にイラッとしないストレス解消法とは?

>>赤ちゃんに絶対に食べさせてはいけない危険な食べ物とは?ハチミツ以外に〇〇◯!

関連記事

  1. お得な豆知識

    断乳・卒乳はいつから?時期や仕方などママの悩み解決

    母乳育児もミルク育児も、大変だった事や悩んだ事、赤ちゃんもママも色々な…

  2. お得な豆知識

    結婚前に同棲する期間は必要?同棲のメリットやデメリット

    女子トークで必ず一度は話題になる「結婚前の同棲」。結婚を考えているけれ…

  3. お得な豆知識

    夫婦で共働きは大変でストレス!仕事と子育て両立の仕方とは?

    共働きは本当にストレスが溜まりますよね。仕事から帰ってきて夕飯…

  4. お得な豆知識

    3歳の子供が喜ぶ室内や室外遊び種類とは?オススメの遊び方

    3歳頃になると、身体活動が益々活発になり、今までポッコリしていたお腹も…

  5. お得な豆知識

    【重要】赤ちゃんに食べさせてはいけない食べ物とは?ハチミツなど

    大人にとっては何の害もない美味しい食べ物でも、赤ちゃんにとっては命に関…

  6. 子育

    【1歳児が風邪】子供がご飯を食べない時おすすめ離乳食レシピ3選

    風邪とはいえ、赤ちゃんが離乳食を全く食べてくれないと、とても心配になり…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ツイッター

  1. 恋愛・結婚

    彼氏を傷つけずに振る方法5選!相手との上手な別れた方の真相!
  2. 子育

    赤ちゃんの首がすわる時期っていつ?現役ママのアドバイス!
  3. 恋愛・結婚

    口だけ男の特徴と心理!こんな男には気をつけろ!見分け方11選
  4. 恋愛・結婚

    引きずっている別れた彼氏を嫌いになる方法4選!次の恋愛へ
  5. お得な豆知識

    生後1ヶ月の赤ちゃん便秘で心配!うんち出ないとき解消法
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。