お得な豆知識

乾燥肌の悩み!顔や体のカサカサ肌の対策について正しいケア法!

一年を通して顔や体の乾燥が気になったりしていませんか?

冷房で乾燥したり、暖房で乾燥したり、花粉症の時期なんかもティッシュで顔が乾燥してしまったり。男女とわず乾燥肌の悩みはつきません。

私も気づけば顔が乾燥して肌がガサガサ!ひどい時には肌荒れなんかになってしまって大変なんてことよくあったりします・・・

そんなやっかいな乾燥肌対策や正しいケアの方法をご紹介します!

スポンサーリンク

顔や体の肌がカサカサと乾燥する原因とは?

どうしてや体が乾燥してしまうのでしょうか?それにはたくさん原因があります。

まず皆さんが一番の原因は、水分が不足しているとういうことです。土も水分がなくなると乾燥して干からびでしまいますよね。それと同じで肌も水分量が少なくなってくると乾燥してしまいます。

二つ目は紫外線などによる外部からの刺激です。紫外線などを浴び刺激を受けることにより乾燥してしまうのです。

三つ目には湿度です。冬場は乾燥して肌や喉までも乾燥してしまいます。その時加湿器を付けて湿度保てるように皆さんも一度はしたことがあると思います

私もよく喉が乾燥するので毎晩加湿器を枕元でたいて寝ています。目安として湿度が60~65%だといい状態だと言われています。マスクをして寝るのも保湿されていいですよね!冬場はとくに顔周りも乾燥するので加湿器とマスクで対策しています!

四つ目は洗いすぎによる乾燥です。ツッパリ感といえば皆さんピンとくると思います!クレンジングや洗顔によって皮脂を落としすぎて起こるのがツッパリ感です。

メイクや日焼け止めなど一日の最後にしっかり落としたい!でもその念入りなクレンジングや洗顔により、多く皮脂を落としすぎて肌が乾燥してしまいます。でも一日の汚れはしっかり落としたい!私もそう思うのでついしっかりめに洗ってしまって、なんだかつっぱるなぁ~なんてことよくあります・・・。

最後は生活習慣により乾燥です。生活習慣?肌の乾燥に生活習慣なんて関係するの?と思いがちですが、大きなものとして、タバコ、ストレス、食事、そして睡眠不足が挙げられます。ターンオーバーという言葉を聞いたことがあるかもしれません。

肌には生まれ変わる時間があります。その時間帯にしっかり睡眠をとることで肌問題が改善されます。また食事などもしっかり栄養バランスを考えてとることにより肌の生まれ変わりが促進されます!

スポンサーリンク

顔や体の肌が乾燥する場合、ケアする方法とは?

では、その乾燥対策、どんなケアをすればいいのでしょうか?

一番乾燥がわかりやすいのは顔ですね。洗顔やクレンジングは一日の顔の汚れを取る大事な工程です。

乾燥肌の人は乾燥肌用の洗顔料を使う。そして洗う時の重要なポイントは泡立てること!です。しっかりふわふわの泡で洗顔することで汚れはしっかり落とし、皮脂は落としすぎないといいこと尽くしです!

めんどくさい~なんて思わず泡立てネットでしっかり泡を作るのがポイントです!そして洗ったあとはぬるま湯で落とすのがポイント!ぬるま湯でしっかり泡を落としましょう!

そして洗顔後はしっかり化粧水で肌にうるおいを与えます。油分の含んだ化粧水はクリームをしっかり塗ることで乾燥を防ぎます。

体も同様でお風呂上がりにはボディクリームはしっかり塗りこむことにより肌の乾燥を防ぐことができます!ちょっとめんどくさいかなぁなんて思いがちですがマッサージしながら塗ることでダイエットや引き締め効果も期待できますよ!

もっともっとしっかりケアしたい!という方にはスペシャルケアとして保湿パックなんかもいいですね!コットンに化粧水を染み込ませてパックしたり、今ではいろんな顔のパックがあるのでそんなのも使ってみるのいいですね!

日中のケアとしては日焼け止めクリームなどで紫外線から肌を守ったり、保湿力の高い下地や乾燥を防ぐために化粧した上からでもできるスプレー式の化粧水などを塗ったりもいいと思います!スプレー式の化粧水は外でもシュッと吹きかけるだけなのでとても便利ですよ!

乾燥肌をケアする化粧品の選び方について

たくさんのケアの方法をお話しましたが、では実際にどんな化粧品を選ぶのがいいのでしょうか?

最近では混合肌用、乾燥肌用、とかかれた化粧品であったり、しっとりタイプ、さっぱりタイプなど記載されているものが多くなりましたよね!

乾燥肌の私としては、乾燥肌用、そしてしっとりタイプを一年通して使っています。化粧水でしっかり水分補給して、乳液でその水分を閉じ込めるのが一番いい使い方ですね

化粧水選びでもっとも大事なのが刺激となる成分が入っていないことが大事です。乾燥肌の人や敏感肌の人は化粧水の種類によってはピリピリしたり痛くなったり経験ありますよね。アルコール成分であったり、香料、着色料もその刺激物に当てはまります。

なのでクチコミだけにとらわれずしっかり自分の目で成分を確かめてみてください!もし痛みやヒリヒリしたりすることがあればすぐに使用をやめましょう!化粧水を塗るときにゴシゴシ塗るのもNG!肌への刺激になります!

体も同様です。洗う時にゴシゴシはNG!そしてお風呂上がりにはしっかりボディクリームで保湿しましょう!

スポンサーリンク

まとめ

たくさん乾燥肌についてお話しました。私自身も乾燥肌には本当に悩まされていました。

日中肌のテカリが気になることがおおく、自分は脂性なんだと思っていましたが、そのテカリの原因が実は乾燥から起こっていることだということを初めて知ったときは本当におどろきました!

余分に皮脂を取ることで顔から乾燥してるよ!のサインのテカリを脂性だと思い込みさっぱりタイプの化粧品にしっかり洗顔を行っていましたが、原因を知ったことによりしっかり保湿することでテカリや油っぽくなることが改善されました!

自分はこれだ!なんて決めつけずしっかりお肌と会話して自分にあった乾燥肌対策をしましょう!

関連ブログ

>>体た疲れたとき疲労回復に即効性のある食事とは?

>>強い紫外線には気をつけて!紫外線対策の時期や対策法とは?

関連記事

  1. お得な豆知識

    おみくじの処分って違う神社でも大丈夫?捨て方の真相とは?

    お正月の初詣や神社に行った時によく引くおみくじですが、中には持ち返って…

  2. お得な豆知識

    【兵庫県】花火大会2019年│日程や穴場スポットとは?

    夏の風物詩と言えば花火ですよね。家族や友人、彼女と一緒にいった花火は、…

  3. お得な豆知識

    結婚前の不安って何?この男性で大丈夫?お金?悩み解消法

    いざ結婚するとなると、幸せな反面、不安になるという女性も多いかと思いま…

  4. お得な豆知識

    モテる女性の特徴をマネてモテ女に!見た目で雰囲気や性格も変わる

    モテる女性になりたい!モテる女性には一体どんな特徴があるの??魅力的な…

  5. お得な豆知識

    連休の過ごし方でいつも悩むカップル!オススメの過ごし方14選

    カップルの理想の連休の過ごし方はどんなものがあるのでしょうか。数えれば…

  6. お得な豆知識

    幼稚園と保育園の違いとは?将来的に学力の差でるの?ママの不安解消

    幼稚園と保育園ってどこが違うの?学力に差が出るって本当...?親として…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ツイッター

  1. お得な豆知識

    【父の日のプレゼント】幼稚園児でも作れる!手作りの贈り物
  2. 悩み

    頭皮が汗でかゆい!原因や対策方法を知って悩みスッキリ!
  3. 季節トレンド

    立冬2018年はいつなの?立冬(りっとう)の意味や由来とは?
  4. お得な豆知識

    連休の過ごし方!夫婦と楽しく過ごすアイディア4選!
  5. お得な豆知識

    夏風邪は長引くので危険!気になる高熱や頭痛の症状、対処法
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。