お得な豆知識

お中元・お歳暮の時期と違いとは?絶対に知ってほしい常識

お中元やお歳暮、よくデパートの催事場などで名前を見かけますよね。お中元やお歳暮、よく親が送っていたり、もらったりしているの見たことが小さい頃はよくありました。これお中元で余ったものだからと安くなったものを売っているのも見かけたことがあります。

お中元お歳暮時期はいつなのでしょうか?そして、その違いはあるのでしょうか?お中元やお歳暮を贈るときのマナーさえ分かっていれば安心ですね。

スポンサーリンク

お中元・お歳暮の違いとは?絶対知ってほしい知識


皆さんはお中元とお歳暮の違いをご存知ですか?お中元とお歳暮の違いにまず時期があります。これは大抵の人はご存知だと思います。では、その中身はどうなんでしょうか?

・お中元
お中元とお歳暮、その目的はどちらも同じなのですが、お中元は贈る際に「夏の暑さが続きますが健康にどうぞお気を付けてください」という意味が込められて送られる贈り物です。日頃の感謝と健康を気遣う気持ちを込めて贈るものです。残暑お見舞申し上げますという言葉の意味が込められています。

・お歳暮
お歳暮は一年の締めくくりに送る贈り物です。こちらは夏のお中元とは違い締めくくりに送るというところがポイントになります。今年一年お世話になりました。来年もどうぞよろしくお願いしますという意味を込めて送る贈り物になります。日本に昔から伝わる風習がお中元とお歳暮です。贈る意味合いが少し違ってきます。値段なども少し変わってきますので、贈る相手をしっかりと確認してその人に合った贈り物をしましょう。

スポンサーリンク

Hお中元の時期とは?

お中元のしっかりとした時期は一体いつなのでしょうか?夏の時期にお中元を贈るのは皆さんご存知だと思いますがその時期にも実は決まりがあります。そして実は東日本、西日本と差があります。東日本では7月上旬から15までに。西日本では7月上旬から8月の15日までと一ヶ月ほどの差がありますのでしっかりと確認してくださいね。

そして忘れてはいけないのが、届く日です。相手の方に届くのが先ほど説明した期間の間に受け取るということが条件です。7月15日に贈ったから大丈夫!ではないので気をつけてくださいね!

お中元は日頃の感謝と健康を願って送られる贈り物です。夏の暑い日ですので、その贈り物の内容にも気をつけなければありません。とても暑い夏にもらって清涼感のあるものがいいとされています。たとえば、ジュースや色とりどりのゼリーなど、夏の暑い日にもらったら嬉しいですよね!お子さんのいるご家庭などでは家族で楽しむことができます!またメロンやマンゴーなどの果物もおすすめです!

そして、やはり定番はビールです。お酒好きの上司などに贈るのにはもってこいですね。好きなビールのメーカーなどを事前にリサーチしておけば喜ばれること間違いないです!また他にもアイスコーヒーの詰め合わせなど、暑い夏を乗り切れる物を送るようにしましょう。

お歳暮の時期とは?

お歳暮は一年の締めくくりに送る贈り物です。こちらもお中元と同じで東日本、西日本では時期が違ってきます。東日本は11月下旬から12月の20日前後、西日本は12月13日から12月20日前後とされています。こちらもその時期の間に相手の方に届くように送らないといけませんのでしっかり贈る時期を確認してくださいね。

お歳暮は一年の締めくくりの挨拶です。今年一年お世話になりました、来年もよろしくお願いしますという意味を込めて相手に贈りましょう。夏と同じでその時期に合った物を送るのがマナーです。夏は清涼感のあるものでしたが、冬は寒いのでお鍋に最適なものを送ると喜ばれますね。かにや魚などもお鍋にいいですね!

そして他にもよくCMでもお馴染みのハムなどもとても喜ばれます。ハムはおせちなどで使うこともできますし、子供たちも大好きな品です!贈る相手の家族構成なども考えて送ると喜ばれるでしょう。また、ビールなどはお中元でもお歳暮でも人気の品です。フルーツなども実はお歳暮でも送られることが多いです。他には定番の焼き菓子なども送られることが多いのでその人にあった物を送るようにしましょう。

【お中元・お歳暮】金額のマナーについて

お中元、お歳暮も同じですが、どちらも金額のマナーがあります。知り合いの人や親戚などに贈る場合には3000円から4000円ぐらいの品を。目上の方や上司などに贈る場合は5000円前後のものを。そして今年特にお世話になった方に送る際には5000円から1万円ほどのものを贈ることがマナーとされていますので品選びには気をつけるようにしましょう!

お中元とお歳暮は基本的に両方贈ることが一般的とされていますので、お中元を上げた方にはお歳暮も贈るようにしましょう。

スポンサーリンク

まとめ

お中元とお歳暮って漠然と夏と冬というイメージしかありませんでしたが、その時期はきちんと決まっていますし、東日本と西日本でも違いがあります。贈る品物や値段にも贈る相手によって違いがありますので、しっかり確認して贈るようにしましょう。贈る相手が喜んでくれる所を想像して品物選びをしたいですね。

関連ブログ

>>「母の日」50代・60代の母に贈るおすすめのプレゼントとは?

>>「関西」ゴールデンウィーク家族連れ・子供連れで旅行するならココがおすすめ!

関連記事

  1. お得な豆知識

    【兵庫県】花火大会2018年│日程や穴場スポットとは?

    夏の風物詩と言えば花火ですよね。家族や友人、彼女と一緒にいった花火は、…

  2. お得な豆知識

    【秋分の日2018年はいつなの?】意味や由来・食べ物について!

    一年で最も気になることって案外祝日だったりしませんか?今年は最大何連休…

  3. お得な豆知識

    30代女性の婚活の現実は厳しいの?プラス思考マインドで悩み解決

    「婚活」という言葉が出始めたのはつい最近のように思います。晩婚化が進み…

  4. お得な豆知識

    2018年鳥羽みなとまつり花火大会おすすめ穴場や駐車場!

    鳥羽みなとまつりは、毎年たくさんの人が来場する三重で人気の花火大会です…

  5. お得な豆知識

    女性のための辛い失恋から立ち直る方法!別れた期間で学ぶ

    悲しみや絶望感で何も手につかない...失恋直後は気持ちが落ち込みます。…

  6. お得な豆知識

    紫外線対策の時期っていつからいつまで?お肌に悪い時間帯は?

    紫外線対策は女性にとってとても重要ですよね?紫外線が特に強いの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ツイッター

  1. 季節トレンド

    極暑対策!熱中症にならない為の過ごし方4選!異常な暑さに注意
  2. 恋愛・結婚

    【片思い女性】好きな男性にアピール、気を引く方法8選!
  3. お得な豆知識

    【恋多き女】結婚できない理由!モテ女の特徴とゴールイン対策
  4. 悩み

    家を買うタイミングはいつ?子供がいる家庭で東京オリンピック後が狙い
  5. お得な豆知識

    【体育の日2018年はいつなの?】意味や由来・運動会のはじまり!
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。