子育て・お金の悩み

朝食を食べない子供が心配!どうやったら食べてくれる?

朝食を食べない子どもが増えている傾向がある今の社会ですが、朝食を食べずに学校に行くことは悪いという研究結果もある通り、朝食がいかに大切か、ということを考えなければなりたせん。

そこで、なぜ朝食が大事なのか、子供達が朝、食べられるものは一体、何なのか?また、子ども達が朝食をたべるための対策もピックアップしています。

スポンサーリンク

朝食を食べない子供が心配!どうしたらいいの?

朝食は大事ですよね。特に子供にどうやって食べさせたらいいか、迷ってしまいますね。そんな、朝食嫌いな子どもに朝食を食べさせるコツを紹介しますね。

・出来るだけ早寝早起きのリズムを作る
早寝早起きは健康であるための、基本ですよね。これをすれば、朝食も食べられるはずですが、朝食を食べられない理由としては、『夜更かしをして寝るのが遅くなり、胃が悪くなる』『起きるのが遅く、食べる気にならない』など、いろいろ考えられますよね。

朝食を食べるためには、睡眠の大切さを意識することが必要です。ですので、朝早めに起きれば、多少、朝食までに時間が空くのでお腹がすくはずです。その勢いで、子どもにも朝食を食べさせましょう。

・前日の夕食の時間を少し早めにする
夕食の時間は家庭でそれぞれ違います。しかし、あまりにも、遅い時間に食べてしまうと、やはり胃に負担が来たり、健康を害する可能性もあるとあると思います。

例えば、お父さんが残業などで、帰りがけ遅く、それを待って21時以降に食べると特に子どもには悪影響になります。そもそも夜遅くまで起きていると、脳に影響が伝わり、発達が悪くなります。

それに加え、夜遅く夕食を食べると、胃にダメージがきて、朝食をとれなくなってしまいます。出来るだけ、夜遅くに子どもへ食べ物を与えるのは控えたほうが良いでしょう。肥満な子どもになる可能性もありますし、胃の消化も悪くなってしまいます。

・甘いものを控える
甘いものが好きな人は多いですよね。しかし、毎日毎日、とりすぎていては、非常に体に悪いです。

甘いお菓子などを、口にすれば、満腹感が出てしまい、食事が思うようにできません。甘いものを食べるのであれば、朝食の後の方が良いでしょう。

・ストレスを抱えている場合
精神的に病んでいる、とかストレスがたまっている場合は大人だけでなく、子供も朝食を食べられないですよね。

そのような理由で、現在、朝食が食べられない子供が増加しているのも事実です。大人、子ども関わらず、ひどい時には朝に吐いてしまうケースもあるかと思います。精神的なストレスなどの場合は、専門機関に相談した方が解決しやすいです。

いくつか対処方法を載せましたが、まだいろいろとあると思います。上記に当てはまらない場合は、子供が胃弱体質の可能性もあります。しかし、朝は健康面を考えて、食べた方が良いので、少しずつでもとるようにしてみてください。

スポンサーリンク

朝食は、なぜ必要なの!?

・集中力、体温低下が起きる。(体内機能が変化)
午前中の授業を乗り切るためにも、朝食を食べてパワーをつけなくてはいけませんよね。朝食をとる、とらない子どもを比較すると、1~2割ほど、体内機能が異なりを見せます。

朝食をとらずにいると、集中力、記憶力の能力面が落ちていき、脳の働きが悪くなり、貧血も引き起こしてしまいます。腹が減っては戦はできぬとはよく言ったものですよね。

こういったことで、勉強も身に入らず、成績にも悪い影響を与えてしまうので、朝食はしっかりとりましょう!

子供にも人気!朝食にオススメは?

・お味噌汁
お味噌汁が便利で効率が良いのは、具材を変更できる点です。子どもが好きな具材を入れてあげたりもできますね。栄養もしっかりとれます。お味噌汁の具材パターンを何種類か考えておくと、マンネリ化せずに、楽しく子どもと朝食をとれます。

・フルーツ
これは、結構、食べやすいですよね。その中でもバナナがオススメです。食べやすく、栄養がたっぷり含まれていますので、ぜひ、食べてみてください。その他、オレンジ、リンゴ、キウイなどもおいしいので、朝食がハッピーになります。

・ヨーグルト
これもフルーツ同様、朝食には食べやすいですよね。ヨーグルトのみでもいいですし、フルーツと混ぜて食べてもOKです。ヨーグルトも沢山、種類がありますので、それを選ぶだけでもワクワクしますよね。ぜひ、朝食にヨーグルトを加えてあげれば、子どもも喜ぶでしょう。

・パン
ご飯よりパンを食べる子どもが多いようですね。お好みに合わせて、チーズやジャムなどを乗せて食べるとおいしいです。

しかし、パンばかりでは、栄養は完全に取れないと、個人的に情報を耳にしています。やはり、お米も重要になります。特にお米のブドウ糖が体に良いので、毎日、パンばかりではなく、お米も食べるようにしてあげてください。お米、そのままが苦手な場合は、ふりかけなどをかけて食べると、またおいしく食べられます。

スポンサーリンク

まとめ

朝食を食べることによって、栄養をつけ、体力をつけさせて、子ども達が伸び伸びと成長できるように、朝食の大切さ、朝食を食べさせる対策や具体的な食べ物などをチェックして、家族で楽しく朝食の時間を過ごしていただきたいです。

関連記事

  1. お得な豆知識

    生後1ヶ月の赤ちゃんミルクの量はどれぐらい?ママの疑問解決

    初めての赤ちゃん、初めての授乳....色々分からないことがたくさん。…

  2. お得な豆知識

    夫婦で共働きは大変でストレス!仕事と子育て両立の仕方とは?

    共働きは本当にストレスが溜まりますよね。仕事から帰ってきて夕飯…

  3. お得な豆知識

    乳幼児とお出かけ!ママも安心、お金のかからないオススメスポット

    首が座った!...歩けるようになった!...等、子供が少しずつ成長して…

  4. お得な豆知識

    子供を産んで女性は変わる?出産後ママになって変わったこと

    出産後の女性の身体や心には、良いことも悪いことも様々な変化が起こります…

  5. お得な豆知識

    お金を貯めれる主婦の特徴とは?貯まらない主婦の違い

    お金を貯めることって簡単なようで難しいことです。ある人はどんな貯金方法…

  6. お得な豆知識

    【重要】赤ちゃんに食べさせてはいけない食べ物とは?ハチミツなど

    大人にとっては何の害もない美味しい食べ物でも、赤ちゃんにとっては命に関…

ツイッター

  1. 赤ちゃんの悩み

    赤ちゃん「はちみつ」いつから大丈夫?乳児がハチミツNGな理由
  2. 妊娠中の悩み

    妊娠初期の過ごし方とは?暇でも絶対安静が重要な理由とは?
  3. お得な豆知識

    妊娠中の手足の浮腫が痛い場合の注意点!気になる悩み解決
  4. お金節約

    節約生活4人家族!どんな朝ごはん食べる?やりくり上手を暴露
  5. お得な豆知識

    半身浴ダイエットの消費カロリーとは?効果的に痩せる時間
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。