子育

赤ちゃんの熱は何度から危険?病院にタイミングと注意点!

赤ちゃんと生活する中で温度設定や赤ちゃんのための環境づくりなどがとても大切ですが、それよりも最も気をつけなければいけないのが赤ちゃんのです。

大人のようにしんどいな、熱が出ているなというのを言葉で誰かに訴えることができません。赤ちゃんの熱や体調不良に気付けるのはお母さんです。赤ちゃんは体温も高いので何度どのくらいから病院を受診すればいいのでしょうか?今日は赤ちゃんの熱について注意点など、お話していきましょう。

スポンサーリンク

赤ちゃんの熱は何度から危険?

赤ちゃんの熱は何度からが危険なのでしょうか?大人と同じなのでしょうか?

赤ちゃん(乳幼児含め)の熱は37.5度以上を発熱といいます。熱が38.5度以上になると高熱といいます。赤ちゃんの平熱はとても高いため37.5度以下であれば平熱と考えて大丈夫です。

赤ちゃんの発熱にいち早く気づくためにも常日頃から平熱を測っておく必要があります。赤ちゃんの平熱を知るためにはできるだけ1日に4回ほど熱を測って記録しておくといいでしょう。食後は熱が上がってしまうのでできるだけ食前に体温を測る方がいいとされています。

普段から平熱を測っておくことで赤ちゃんの変化にすぐに気付けますし、すぐに対応することができますので毎日の検温をしておくことをおすすめします。

スポンサーリンク

赤ちゃんの熱は何度から病院に連れていくの?

赤ちゃんの熱がでたら何度ぐらいで病院に連れていけばいいのでしょうか?

赤ちゃんはもともと体温が高いのですぐに発熱したから病院を受診する!というものではなくて、まずは赤ちゃんの状態を観察してみましょう。

いきなり熱が出てもまずは体を冷やしてあげたり、かぶせている布団を脱がしてあげたりすることで熱が下がる場合もあります。そのときは単に布団や服などでぐっと熱くなったために体温があがったということです。

体温が上がったために出た発熱でなければ問題ありませんが、全身状態でいつもと違う所があると感じる場合は病院を受診しなければいけません。

全身状態の異常としてはいつもより元気がなかったり、ミルクや離乳食を食べなかったり、嘔吐や下痢の症状があったり、顔色が悪かったり、苦しそうな感じがあったり、おしっこの回数が少なかったりと何かいつもと違う症状が見られれば37度以上であれば病院を受診しなければなりません。

特に3ヶ月未満の赤ちゃんの発熱には十分な注意が必要です。3ヶ月未満の赤ちゃんは高熱を出すような病気にはかかりにくいとされています。赤ちゃんはお腹の中にいるときにへその緒から抗体を受け取っています。ですが38度以上の熱が出てしまった場合は肺炎だったり髄膜炎だったりと重篤な病気になってしまう可能性もありますので、必ず病院を受診するようにしましょう。

ミルクをいきなり飲まなくなって元気がないときはほかの症状がなくても病院を受診してくださいね。

赤ちゃんの熱を予防する方法とは?

発熱をすることは悪いことばかりではありません。赤ちゃんは発熱を繰り返すことで抗体を作り体を丈夫な体に作っていきます。ですので風邪を引いたことがないより、風邪をひいたほうがいいというわけです。ですがずっと風邪ばかりで治ってもすぐに風邪をひいているようではいけません。

発熱があれば赤ちゃんも体調が悪くなりしんどくなるのは大人と同じです。ですので赤ちゃんの発熱を大人が予防してあげなければいけません。

発熱の予防としては関わっている大人や両親は外から帰ったら必ず手洗いうがいをきっちり行うようにしましょう。大人が予防してあげることで赤ちゃんを菌から守ることができます。衣服などもいつでも綺麗なものを着るようにするといいでしょう。

ほかにも新生児の間はできるだけ外出を避けたほうがいいでしょう。外出先には菌がたくさん潜んでいます。ショッピングモールなどに行くとたくさんの子供たちで溢れかえっています。その中の子供たちが持っている風邪の菌などにかかってしまう場合もよくあることです。

できるだけ生後3ヶ月まではお出かけしても短時間で済ませる方がいいでしょう。人ごみは避けたほうがいいですね。

スポンサーリンク

まとめ

生後一ヶ月を超えると外出ができるようになりますが、外出するということは風邪にもかかってしまうリスクが高くなります。大人がしっかりまず予防して親からの感染を防ぐこともとても大事ですし、赤ちゃんを連れ回してしまうようなことは避けておきましょう。

赤ちゃんが大きくなればいろんな所へ連れて行ってあげることができますので生後三ヶ月まではゆっくり近場でショッピングを済ませたり、おうちで家族でゴロゴロするのも楽しいですね!

関連記事

  1. お得な豆知識

    【男の子】子供におすすめの習い事!息子に習わせたい習い事8選!

    高い身体能力、強い身体、強い精神力、知性....息子に身に付けて欲しい…

  2. お得な豆知識

    2歳児の子供に必要な栄養のある食事!ご飯のレシピ・メニュー

    2歳児は、幼児食を始めてから1年ほど経ち、色々な食べ物に慣れてきた頃で…

  3. 子育

    youtubeは子供に影響ある?危険と感じたら見せない?

    現代は、スマートフォンやタブレットなどお家でも屋外でもネットが簡単に楽…

  4. お得な豆知識

    1歳児の夜泣きがひどい!泣き止まない原因と対策法で悩み解決

    よく泣く子、あまり泣かない子、個人差はありますがママなら1度は、何をし…

  5. 子育

    赤ちゃんの熱中症対策は重要!暑い日の過ごし方と対処法8選

    暑くなってくると、とても心配なのが「熱中症」ですよね。特に赤ちゃんは、…

  6. 子育

    赤ちゃんが虫に刺され腫れた場合!蚊やダニの症状と対処法7選

    無防備な赤ちゃんは、虫に刺されて腫れてしまうことが多いですよね。赤ちゃ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ツイッター

  1. お得な豆知識

    【兵庫県】花火大会2018年│日程や穴場スポットとは?
  2. 悩み

    趣味がない主婦必見!おすすめの趣味16選!これで楽しくなる
  3. お得な豆知識

    赤ちゃんの男女性別いつわかるの?エコーでの判断方法の真相とは?
  4. 悩み

    親知らずが痛い理由3選とは?原因が分かれば改善できる!
  5. お得な豆知識

    地鎮祭の服装マナーの知識!男性・女性におすすめの服装とは?
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。