子育

赤ちゃんの熱中症対策は重要!暑い日の過ごし方と対処法8選

暑くなってくると、とても心配なのが「熱中症」ですよね。特に赤ちゃんは、自分の体調の変化を訴えることができません。熱中症を予防するためには、大人が赤ちゃんの様子をしっかり観察したり、周囲の環境を整えてあげることが重要です。

そこで今回は、赤ちゃん熱中症対策のポイントや、熱中症の応急処置方法についてまとめました。

スポンサーリンク

熱中症とは?赤ちゃんや子供が熱中症になりやすい理由とは?

・熱中症とは?
熱中症とは、高温多湿の環境下に長時間身を置くことで、身体が暑さに適応できなくなり、体温が上昇することによって生じる、頭痛や吐き気、意識障害など様々な症状の総称です。重症化すると、後遺症が残ったり、死に至る場合もあります。

・熱中症のメカニズムについて
人間の身体は、汗をかくことによって体温を調節しています。しかし、暑い環境に長時間身をさらすと、体温の調節機能が上手く働かなくなります。そして体温が上昇し、体内では水分やナトリウムが減少して、血流が滞ります。その結果、熱中症を発症してしまうのです。

・子供は熱中症になりやすい
乳幼児は汗腺が発達しておらず、体温調節機能が未熟なため、熱中症を起こしやすいです。また、大人よりも身体に占める水分の割合が多いことや、背が低いため照り返しによって高体温となりやすいことも、熱中症になりやすい要因です。

・赤ちゃんは症状を訴えられない!子供の熱中症には要注意!
赤ちゃんは体調不良を訴えることができませんし、体調の変化に応じて着替えをするなど、自分で身の回りの環境を調節することもできません。そのため、熱中症に気がつくのが遅れてしまうことがあります。暑い日や湿度の高い日は特に、熱中症対策をしっかり行うとともに、子供の様子をよく観察し、熱中症の症状を見逃さないようにしましょう。

スポンサーリンク

赤ちゃんの熱中症対策、室内で注意したいポイント

・こまめに水分補給させる
赤ちゃんは大人よりも身体に占める水分の割合が多いので、夏場は特にこまめな水分補給が必要となります。食事の際は、母乳やミルクを与え、水分補給の際は麦茶や湯冷ましを与えても良いでしょう。赤ちゃんが泣いて欲しがらないから大丈夫だろう…という考え方は非常に危険です。食事以外でも時間を決めて、こまめに水分補給を行いましょう。

・室内を適温に保つ
エアコンや扇風機などを利用して、室内が高温とならないよう、適切な温度を保ちましょう。エアコンの設定温度を下げているから安心、という訳ではありません。周辺の環境によっては、必ずしもエアコンの設定温度に室温が保たれるとは限りません。外気温や湿度、建物の立地条件などを考慮して、室温が快適となるように調節しましょう。

赤ちゃんは大人よりも体温が高く、体温調節機能も未熟です。顔色、汗のかき方など、赤ちゃんの様子を見ながら、大人を基準にするのではなく、赤ちゃんに合わせた快適な環境を整えましょう。

・快適な素材の衣類や寝具を使用する
赤ちゃんは汗っかきですから、暑い時期に重ね着させる必要はありません。通気性の良い薄手の衣類を1枚着させてあげましょう。寝具についても同様で、通気性や吸湿性、速乾性の優れたものを使用すると、赤ちゃんが快適に過ごせるでしょう。

・赤ちゃんの体調管理をこまめに行う
赤ちゃんの体温を測定したり、必要に応じて、冷たいタオルや保冷剤で身体を冷やしてあげたりしましょう。こまめに赤ちゃんの体調管理を行って熱中症を予防しましょう。

赤ちゃんの熱中症対策、屋外で注意したいポイント

・お出掛けの際の熱中症予防のポイント
外出の際は、帽子やタオルなどを使用して、赤ちゃんに直射日光が当たらないよう対策しましょう。抱っこ紐は、赤ちゃんとママの身体が密着して熱がこもりやすいですし、ベビカーは、地面からの反射熱によって、赤ちゃんの身体が熱くなりやすいです。炎天下での長時間の外出は、赤ちゃんにとって過酷です。暑い日の外出は避けるか、なるべく手短に済ませるようにしましょう。

赤ちゃんに熱中症の症状が見られた場合の対処法

・受診が必要な症状とは?熱中症レベルについて
熱中症は、初期症状では大量の発汗がみられます。中期症状になると、嘔吐したり、身体がぐったりするなどの症状が現れ、医療機関での受診が必要となります。重症の場合は、けいれんを起こしたり、呼びかけに反応しないなどの意識障害が生じます。身体は高体温となり、触れるととても熱くなっています。この場合は、速やかに医療機関を受診して下さい。

医療機関への対応と並行して行なって!熱中症の対処法とは?

熱中症の症状が現れた場合は、症状のレベルに応じて医療機関への対応を行って下さい。また、それと並行して、下記の応急処置を行いましょう。

○涼しい場所に移動して寝かせる
すぐに涼しい場所に移動させ、安静を保つようにします。吐き気がある、意識がない場合は横向きに寝かせて気道を確保します。

○衣類をゆるめる、身体を冷やす
衣服をゆるめ、冷たいタオルや保冷剤、冷たいペットボトル飲料などで身体を冷やします。保冷剤が冷たすぎる場合は、タオルなどで包んで当ててあげて下さい。首、脇の下、太ももの付け根など、太い血管がある部分に当てると、効率よく身体を冷やせます。

○水分補給させる
こまめに水分補給させます。(飲めない場合は無理に飲ませないようにして下さい。)

スポンサーリンク

まとめ

赤ちゃんは大人よりも体温が高く、温度調整機能が未熟です。熱中症を予防するには、大人がこまめに体調を気にかけてあげることが大切です。赤ちゃんが快適に、そして、笑顔で過ごせるよう、赤ちゃんの目線で周囲の環境を整えてあげましょう。

関連記事

>>赤ちゃんの便秘が心配になったら!赤ちゃんの便秘解消について

>>赤ちゃんの「しゃっくり」の原因と止め方について

関連記事

  1. 子育

    子供服が高い!子供服が安いお店はどこ?激安店3選を暴露

    子供服はどれも可愛く見えますよね。あれもこれも着せたい!と、ついつい欲…

  2. お得な豆知識

    2歳児の子供は歯磨きを嫌がる!歯磨き好きにする方法とは?

    魔のイヤイヤ期といわれる2歳頃の子供の対応に、毎日悩んでいるママは多い…

  3. お得な豆知識

    断乳・卒乳はいつから?時期や仕方などママの悩み解決

    母乳育児もミルク育児も、大変だった事や悩んだ事、赤ちゃんもママも色々な…

  4. お得な豆知識

    生後1ヶ月の赤ちゃんミルクの量はどれぐらい?ママの疑問解決

    初めての赤ちゃん、初めての授乳....色々分からないことがたくさん。…

  5. お得な豆知識

    1歳赤ちゃん離乳食完了期!食事のレシピ・メニューとは?

    離乳食完了期!とはいっても、食事量、食事のペースはその子供によってそれ…

  6. 子育

    1歳児の育児で多いママの悩みランキング!こんな悩みが1位

    1歳頃の赤ちゃんは、歩けるようになったり、少しずつ自分の意思を言葉で伝…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ツイッター

  1. お得な豆知識

    【母の日2018年】50代・60代のプレゼントはコレで決まり!
  2. お得な豆知識

    乾燥肌の悩み!顔や体のカサカサ肌の対策について正しいケア法!
  3. 季節トレンド

    【三重県デートスポット】カップルにおすすめの定番から穴場13選
  4. お得な豆知識

    主婦は化粧品代いくらぐらい掛けてるの?自己投資金額
  5. お得な豆知識

    アトピーは食事に気をつける!食べてはいけない食べ物とは?
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。