お金節約

エアコン暖房の電気代を節約する方法!温度調整で激安ポイント

暑い夏も終わり、秋が終わると寒い冬がやってきます。冬に欠かせないのがお部屋を暖める暖房器具ですが幼いお子さんがいるご家庭では、灯油を使うタイプのストーブでお部屋を暖めるのは危ないからとエアコンをメインの暖房器具として使用されている場合もありますよね。

真冬だとお部屋がとっても冷たいのでエアコン暖房を1日中つけているというご家庭も多いのではないでしょうか。でも、1日中エアコン暖房をつけるとしたらかなり電気代がかかってしまいそうですよね。

そこで、ここではエアコンの電気代を節約して家計費を少しでも抑えたいという方のために、エアコン暖房を節約する方法をいくつかご紹介させていただきます。

エアコン暖房の上手な節約方法をお知りになりたい方は、ぜひ、以下の記事を読んでみてくださいね。

スポンサーリンク

エアコン暖房は冷房より電気代高くなる?


夏はガンガンエアコン冷房をつけるので、冬場よりも電気代がかかるのではと考える方は多いでしょう。でも、実はエアコン暖房の方が冷房よりも電気代がかかってしまうのです!

これは、意外ですよね。

エアコンは、暖房も冷房もヒートポンプ技術を用いています。ヒートポンプ技術とは、空気中にある熱を集めてその熱をエアコン本体にある冷媒であるガスにのせて移動させてお部屋の空気を暖めたり冷たくしたりします。

エアコンを使ってお部屋の空気を暖めるのには、まず、ヒートポンプシステムがエアコンの冷媒であるガスを膨張させて空気より冷たくします。冷たくなった冷媒であるガスは空気中の熱を取り込んで室内機まで移動します。

ヒートポンプシステムは、空気中の熱を取り込んだ冷媒であるガスの移動中に集めた空気をさらに暖めます。その暖まった空気がエアコンの室内口の吹き出し口から室内へと送られてお部屋を暖めるのです。

では、なぜ夏場よりも冬場の方がエアコンの電気代がかかるのかというと、冬場の方が室内の温度と設定温度の差が大きいからなのです。

例えば、夏場にエアコンの温度を25度に設定すると、室温が30度から35度ならエアコンは室温を5度から10度さげなくてはいけなくなります。ところが、冬場にエアコンの温度を25度に設定すると、室温が0度から5度ならエアコンは室温を20度から25度あげなくてはいけなくなってしまうからです。

夏場暑い地域で室温が40度近くある場合であっても、さげる温度は15度でいいですが、冬場室温がマイナス5度の寒い地域だと室温をなんと30度以上あげなくてはいけなくなりますので、必然的に室温と設定温度の差が大きい暖房の方が、電気代がかかってしまうのです。

スポンサーリンク

エアコン暖房は温度調整で電気代を節約

実は、エアコンは温度調整をするだけで電気代をかなり節約できます。例えば、エアコン暖房の設定温度を1度低く変更するだけで消費電力を約1割も節約できるそうなのです!

資源エネルギー庁の家庭の省エネ百科には、エアコンを1日に9時間使用すると仮定して、室外の温度が6度の場合エアコン暖房の設定温度を21度から20度に変更するだけで、冬場の5か月と半月で53.08キロワットアワー節電できると記載されています。

この53.08キロワットアワーをお金に換算すると1,433円になります。もし、1日に18時間エアコン暖房をつけたとしたら冬場で2,866円節約できますし、エアコン暖房の温度を2度さげると2割も節電効果が期待できるのです。お部屋の主な暖房器具をエアコンにしているご家庭にとってこれは、うれしいメリットですね。

エアコン暖房、温度調整意外の節約法とは?

上記でエアコン暖房の温度調整が、エアコンの電気代を節約できるおすすめの方法であるとご紹介致しましたが、温度調整以外にもおすすめのエアコン暖房の節約方法があります。

まず、一つ目がエアコンを自動運転にする方法です。実は、エアコンは温度をその時の室温に合わせて自分でオン、オフをすると自動運転に設定してずっとエアコンをつけているよりもかえって電気代がかかってしまうのです。

より、電気代を節約しようとエアコンを弱運転に設定してつけっぱなしにしているご家庭もあるかもしれませんが、弱運転だと室内が快適な温度になっていくまでに時間がかなりかかってしまうため、節約どころかかえって電気代がかかってしまう結果になってしまいます。

本当にエアコン暖房の電気代を節約したいのであれば、自動的にお部屋の温度や湿度、人の位置を検知して省エネ運転をしてくれるエコ自動運転にエアコンを設定することをおすすめします。

さらに、暖かい空気は天井近くにたまりやすいので、エアコンに加えてサーキュレーターや空気清浄機をお部屋に設置して併用すれば、足元にたまっている冷気を吸い上げてお部屋の空気を循環させることができますので、お部屋の温度のムラをなくし、効率よくお部屋を暖めることができるので、電気代の節約につながります。

湿度がアップすると体感温度もそれに付随してアップしますので、加湿器をつけたり、お洗濯物を部屋干ししたりするのもエアコン暖房の設定温度を下げながらも体感温度をアップできるので節電につながります。フローリングが床暖房使っていない場合は、カーペットやマットを敷くと暖房効率がアップしてエアコン暖房の設定温度を下げることができ節電につなるのでおすすめです。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

エアコンは、冷房よりも暖房の方がエアコンの設定温度と室内温度の差が大きいのでより電力がかかってしまうことがおわかりいただけたかと思います。夏場よりもよりエアコンの電気代がかかってしまう冬場には、上記でご紹介致しましたようにエアコンの温度調整をしたり、エアコンをエコ自動運転に設定したりするなどのエアコン暖房の節約方法をフル活用して電気代をできるだけ節約して家計費の負担を軽くしましょうね。

関連記事

  1. お得な豆知識

    主婦の為の子育ての時間・お金節約法!ネット活用で楽しよう!

    子供と触れ合う時間をたくさんとりたい、大切にしたい!ママなら皆そう思い…

  2. お得な豆知識

    お金をかけない美容法でもキレイになる!美容習慣の見直し

    女性の方は綺麗になるなら、高い化粧水でも乳液でも、なんでも投資する!っ…

  3. お得な豆知識

    お金を貯めれる主婦の特徴とは?貯まらない主婦の違い

    お金を貯めることって簡単なようで難しいことです。ある人はどんな貯金方法…

  4. お得な豆知識

    給料日前に嬉しいボリューム満点の節約レシピ

    お給料が入った直後はスーパーに行って、あれも美味しそう!これも美味しそ…

  5. 子育

    子供服が高い!子供服が安いお店はどこ?激安店3選を暴露

    子供服はどれも可愛く見えますよね。あれもこれも着せたい!と、ついつい欲…

  6. お金節約

    水の節約方法!トイレ、お風呂、キッチン、家庭の水道代節約術

    皆さんのご家庭の水道料金は毎月いくらぐらいですか?総務省の統計デー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ツイッター

  1. 妊娠中の悩み

    妊娠後期の過ごし方とは?出産まで注意すること8選
  2. お得な豆知識

    眼鏡とコンタクトどちらが良い?メリットとデメリット!
  3. お得な豆知識

    花粉症の症状を緩和する食べ物!あの冬の果物が凄い!
  4. 季節トレンド

    松本人志の映画、なぜ評価されないのか?大日本人・さや侍・R100
  5. 宮崎県を楽しむ

    宮崎県のパワースポット神社5選!運気が上がる場所はココ!
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。