妊娠中の悩み

妊婦さん長距離運転や長時間のドライブは危険?妊娠中の注意点7選

妊娠前から移動手段は主に車で移動していた人も多いはずです。妊娠してからも車での移動は欠かせない人もいたりするでしょう。短時間や短距離のドライブであれば特に問題はなさそうですが、長距離だったり長時間の運転は妊婦さんでもしていいのでしょうか?

妊娠中の車の運転の注意点について今日はお話していきましょう。

スポンサーリンク

妊婦さんでも運転しても大丈夫なの?

そもそも、妊娠中に車を運転していいのでしょうか?お腹が大きくなるまでは特に問題はなさそうだけど、と思う方もいらっしゃるかもしれません。

妊娠中の運転は特に問題はないとされています。車の振動などが赤ちゃんに影響するという話もありますが医学的根拠はなくて体調を見ながら運転すれば大丈夫と言われています。

妊娠すると今までしていたことが全部ダメだ!ということはありません。自転車やバイクも振動が赤ちゃんに影響すると言いますがこれも特に問題はないんです。ですが自転車やバイクは転倒したりする危険性もあるのでできるだけ避けたいものです。

ただこれに関しても赤ちゃんに影響はないから良いというわけではなく、良いか悪いかで言えばいいというだけであって絶対の保証はありません。事故などをお越してしまう可能性もあります。判断は自己責任になります。

妊娠初期の過ごし方とは?絶対に安静が必要な理由とは?
>>妊娠初期は安静が重要の理由について

妊婦さんの長距離運転や長時間のドライブは危険?

どうしても用事があって長距離や長時間運転しなければならないときもあると思います。妊婦さんの長距離や長時間の運転は特に問題はないのでしょうか?

運転するのには特に問題はありませんが長距離や長時間の運転はできるだけ避けましょう。

長距離になると時間も長くかかり、車に乗って座っている時間が多くなります。車に同じ姿勢でずっと座っていることで体の血流が悪くなり浮腫を引き起こします。浮腫がでてくると胎盤もうっ血してしまい、赤ちゃんに酸素がうまく行き渡らずに苦しい状態に陥ってしまいます。

また、時間同じ姿勢でいるとエコノミー症候群にもなってしまいます。これは運転している時だけではなくて、助手席に乗っているときなどでも同じです。もし長時間の運転をしなければならないときは、一時間に一回休憩をするなどの対策をしっかりとりましょう。休憩の時にはストレッチもしっかりしておくといいですね。

スポンサーリンク

妊娠中の運転での注意点「つわり」のときは運転しない

妊娠中はほとんどの妊婦さんが悪阻を経験します。赤ちゃんがお腹の中にいることでお母さんの体には毎日めまぐるしい変化が起きています。悪阻にも食べ悪阻や吐き悪阻、匂い悪阻、涎悪阻など様々な悪阻があります。悪阻の症状があるときに車の運転をするのは危険です。

いきなり気持ち悪くなったりしてしまうこともあります。昨日はなんともなくても、次の日はすごく体調が悪かったり、毎日でも悪阻の症状は違います。今日は大丈夫という日は妊婦さんにはありません。急な貧血症状が起きたりするのも悪阻の一つの症状です。

運転中に急に頭がクラクラしたりめまいがすることもあります。これはとても危険なことですので、できるだけ悪阻中の運転は避けるようにしましょう。

気持ち悪いつわりが続く場合の対処法についても詳しくブログ書いてます。
>>妊娠初期のつわりが続く場合の対処法について

妊娠中の運転での注意点「疲労や眠気」

妊娠中は妊娠前と比べてとても疲れやすくなります。いつもと同じ行動をしても倍疲れがでたり、異常な眠気に襲われることもおおいです。これも一種の悪阻の症状だったりもしますが、基本的に妊娠期間中は疲労と眠気はいつもあります。疲労や眠気がある状態での車の長時間の運転もとても危険です。

高速道路などではサービスエリアなどでなければいきなり止まったり、コンビニに寄ったりすることもできません。急な眠気でウトウトしてしまってうっかり事故を起こしてしまったなんてことになったら大変です。

また車の運転で疲労を感じやすくなっているため出先で動けなくなってしまった場合にも危険ですのでできるだけ車の運転は控えるようにしましょう。

妊娠中の運転での注意点「スピード」を出しすぎない

妊娠中は制限速度には常に注意しましょう。妊娠前と同じようにちょっとくらいスピードが出ても大丈夫なんてことはありえません。お腹の中には赤ちゃんがいますし、守れるのはお母さんだけです。速度制限はしっかり守りましょう。

ぐっとスピードを出したい気持ちもあると思います。ですがスピードを出した自分が事故を起こすこともありますし、スピードを出したことにより接触事故になったり、すれ違いの時にぶつかられたりなど、自分だけではなくて、相手から事故を起こされる可能性もあります。大丈夫!という気持ちは捨てましょう。

いつでもどこで何か起こるかわからないからと気を張って運転することで事故を防ぐことができます。絶対に事故を起こさない!とは言い切れません。常に速度制限を守って運転していれば何かあった時でもとっさに回避することができます。安全運転を心がけましょう。

妊娠中の運転での注意点「長時間運転」はしない

先程もお話しましたが長時間の運転は危険です。長時間運転をすることにより、赤ちゃんにもお母さんの体にも影響がでてきます。悪阻がある状態での長時間運転もとても危険ですし、妊娠して体調が安定していないのにも関わらずに長時間運転をして、何かあった時の保証はありません。

あの時こうしてれば・・・と後悔するのは嫌ですよね?妊婦さんの長時間の運転はできるだけ避けましょう。どうしても仕事で長時間運転しなければならない時はきちんと体調のことを話してできるだけ避けるようにしてくださいね。また高速などの危険な道もできるだけ自分で運転するのではなく旦那さんなどに運転してもらうようにしましょう。

自分と赤ちゃんの身を守れるのはお母さんだけです。赤ちゃんのためにも止めてくださいね。

妊娠中の運転での注意点「シートベルト」

妊娠中でもシートベルトの着用は絶対です。悪阻があるときにはシートベルトが苦しくて気持ち悪かったり、妊娠後期の大きなお腹の時もお腹にベルトが食い込んだり大きなお腹でうまくシートベルトができなかったりと私も経験しました。ですが何かあった時のためにもシートベルトは必ず着用しなければなりません。

圧迫する感じが気持ち悪かったり、苦しく感じる場合は気持ち悪くなったり苦しくならない位置でもいいのでシートベルトは着用しましょう。

私もできるだけ胃のあたりやお腹のに当たらないように工夫してシートベルトはつけていました。また妊婦さん用のシートベルトカバーなどもあるのでそれをつかってみてもいいかもしれません。シートベルトをすることで事故により被害を防ぐことができますし、シートベルトの着用で被害を少なくすることができます。

ただし、健康保持上適当でない場合に関しては妊婦さんはシートベルトを着用しなくていいという事もあります。ですが基本的にはお母さんや赤ちゃんが元気であれば着用は絶対です。

妊娠中の運転での注意点「母子手帳・保険証」は絶対に持つ

妊娠中はいついかなる時でも母子手帳や保険証などは必須です。必ずいつでも持ち歩かなければなりません。母子手帳を持っていることで初期の妊娠がわかりにくい場合もこの手帳で判断することができます。

もしも事故などにあった場合、鞄の中からこの母子手帳や保険証がでてくれば、かかりつけの病院に聞くこともできますし、身元もわかります。その人が今どんな妊娠状態なのか、赤ちゃんはどのくらいの成長なのかもわかりますので必ず持ち歩くようにしましょう。

近くだからいいや、ではなく、何かあった時のためにと常に持ち歩きましょう。母子手帳は赤ちゃんとお母さんの大事な記録です。肌身離さず持ちましょう。

スポンサーリンク

まとめ

妊娠中は本当にたくさんのことを気をつけなければなりません。自分は大丈夫だからと判断するのではなく、赤ちゃんにどんな危険性があるのかなどをいつもネットで調べていたりもしていました。

私自身車を普段から運転しないのでいつも助手席に乗っていましたが、帰省時の長時間の運転になるときは産婦人科の先生に必ずOKをもらってから帰省し、一時間に一回休憩したり、こまめに水分補給をとったり、サービスエリアなどで軽くストレッチをしたりとできるだけ体に負担がないように帰省していました。

それでもやはり長く乗っていると足が浮腫んでしまうこともよくありましたし、妊娠後期では常に軽い浮腫もあったり、車の椅子にずっと同じ姿勢でいることが難しくなったりもしていました。初期だから大丈夫ということもありません。できるだけ運転は控えてゆったりとしたマタニティライフを送るようにしましょう。

関連記事

>>妊娠後期の過ごし方とは?出産までに注意すること8選

>>出産準備品として必要なもの14選

>>妊娠中に食べたほうがよいもの!妊婦さんの食事

関連記事

  1. 妊娠中の悩み

    男の子の名前の付け方!画数で選ぶ?名前は最初のプレゼント

    女の子の名前は同性だから付けやすいけど、男の子の名前は悩む?!というマ…

  2. お得な豆知識

    職場の「しつこい男」の心理と特徴!絶対に諦めさせる対処方法!

    職場にしつこい男がいると本当に困りますよね...。しつこい男に執着され…

  3. 妊娠中の悩み

    妊娠後期の過ごし方とは?出産まで注意すること8選

    妊娠後期になるといよいよ出産間近となり、赤ちゃんに会える嬉しさと出産に…

  4. 妊娠中の悩み

    妊娠初期の過ごし方とは?暇でも絶対安静が重要な理由とは?

    妊娠初期は、妊娠に気付いてとても嬉しい半面、自分の身体に起こる様々な変…

  5. お得な豆知識

    赤ちゃんの男女性別いつわかるの?エコーでの判断方法の真相とは?

    元気に健康で生まれてきてくれたら性別はどちらでも構わない、男の子でも女…

  6. 妊娠中の悩み

    妊活中は食事が重要!不妊改善のために摂取したい栄養素とは

    妊活中には、規則正しい食生活が重要なことを知っていますか?不妊症の改善…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ツイッター

  1. お得な豆知識

    【三重県】運気が上がる神社・神宮・寺院!パワースポットを紹介
  2. 出会い

    社会人の習い事!出会いの多い6つのおすすめ習い事を暴露!
  3. 妊娠中の悩み

    妊婦さん長距離運転や長時間のドライブは危険?妊娠中の注意点7選
  4. お得な豆知識

    花粉症に効く食べ物!花粉症対策に絶対必用なグッズとは?
  5. お得な豆知識

    【男の子】子供におすすめの習い事!息子に習わせたい習い事8選!
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。