お金節約

子供に携帯を持たせる!格安スマホがお得?注意点もご紹介

小学生のお子さんは、幼稚園や保育園のころと比較するとしっかりしてきたとはいえ、まだまだ一人で行動させる場合不安がいっぱいなので、連絡用にジュニア用のスマホをもたせていらっしゃる親御さんは、多いと思います。

ですが、ドコモやソフトバンク、auなどの大手キャリアのジュニア用のスマホは利用料金が月額5,000円弱はしますので年間にかかるお子さんの通信費はなんと60,000円にもなってしまいますので、できればそのスマホ(携帯電話)にかかる通信費を削減して家計費を節約したいと考えていらっしゃるのではないでしょうか。

ここでは、そんなお子さんの大手キャリアのジュニアスマホを格安スマホに乗り換えて家計費を節約されたい親御さんのために、格安スマホにチェンジするとどれくらい通信費を節約できるのか、なぜ、格安スマホにすると通信費が安いのか、格安スマホをお子さんに持たせる場合の注意点について詳しくご紹介させて頂きたいと思います。

子供に持たせる、大手キャリアのジュニアスマホから格安スマホ(携帯電話)にチェンジするメリットや注意点について詳しくお知りになりたい方は、要チェックです!

スポンサーリンク

格安スマホ(携帯電話)にチェンジすると通信費はどれくらいお得なの?

最近は、格安スマホ(携帯電話)の種類が豊富で、通話込みの格安スマホが2,000円台で購入できる時代になっています。さらに、SIMフリーの使っていないスマホがあれば、2,000円前後の格安SIMを購入すればかなりお得にスマホを利用することができちゃいます。

大手キャリアのジュニアスマホの利用料金は月々5,000円弱なのでなんと1か月に3,000円、年間で36,000円も節約できる計算になります。

これはすごいですよね!

さらに、格安スマホ利用時に契約する格安SIMには音声通話ができるタイプのものもありますが、データ通信のみの月々の利用料金がさらに安いタイプのものもあります。

例えば、NTTコミュニケーションズが販売しているOCNモバイルONEの場合を例にとると、LINEの無料通話が利用できるSMS対応の格安SIMなら月額1,020円で利用できます。

もし、音声通話がどうしても必要な場合は、音声対応格安SIMが月額1,600円で利用できちゃいます。SIMフリーの本体がすでにあり、音声通話を利用しなければ、お子さんのスマホにかかる利用料金をかなり節約できそうですよね。

また、本体もOCNの格安SIMとセットのものなら本体価格は1万円を切っている安いものなら、一括でもお得に、分割でも24回払いで月々の支払い額が500円以下で購入できちゃいます。

格安SIMは1か月ごとにデータ通信料を変更できますので、データ量がたくさん必要な月は多く、お子さんの使い過ぎを防ぎたい方はデータ量を少なめにして契約することができます。

さらに、ローンで本体を購入していなければ、キャリアにある2年縛りなどはありませんので、手数料なしで機種変更や新規購入ができる点も格安スマホのメリットと言えるでしょう。

スポンサーリンク

なぜ格安スマホ(携帯電話)は通信費が大手キャリアより安いのか

「大手キャリアのジュニアスマホの利用料金が1か月5,000円弱なのに、なぜ、格安スマホだと2,000円前後ですむの?」となんだかいぶかしく思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。

では、なぜ格安スマホは大手キャリアのスマホよりも通信費が安いのかと言うと、これは日本国政府の省庁である総務省の指導によるものなのです。

大手キャリアのスマホの1か月の利用料金の平均は7,000円から8,000円となっている上に、自動更新や2年ごとのしばり、解約に多額の手数料がかかったり、乗り換えにSIMロック制限があったりして大手キャリア3社の完全独占状態と言えるような現状となっています。

これを日本国政府の省庁である総務省は良しとはしておらず、大手3大キャリアに回線を貸し出させて独占状態を打開させたため、格安スマホと言う本体や通信料金の安いスマホが生まれたのです。

大手3大キャリアは独占状態が崩れ、収益がおちることが分かっていても国には逆らうことができませんので、お得な格安スマホや格安SIMは現在もたくさん販売されているのです。

格安スマホを子供に持たせる場合の注意点とは?

格安スマホがとってもお得であることは理解いただけたかと思いますが、格安SIMが入った格安スマホを子供にもたせる際には注意しておかなければいけない点がいくつかあります。

日本の「青少年インターネット環境整備法」と言う法律で、お子さんに有害なサイトを表示させないようにスマホにフィルタリング機能を導入することが義務付けられていますので、フィルタリング機能のオプションがチョイスできる格安SIMを購入するか、格安スマホ購入後、親御さんの手でフィルタリングアプリを導入しなくてはいけない義務が発生してきます。

さらに、子供に格安スマホをもたせると、お子さんが勝手に好きなアプリケーションをどんどんダウンロードしてしまう可能性がありますので、勝手に有料アプリをダウンロードしたり、課金したりしないようにiPhoneならAppleID、AndroidスマホならGoogleアカウントを親と同じIDを利用させるようにしましょう。

そうすれば、パスワードがわからなければアプリを購入したり課金したりすることはできませんし、万が一パスワードを知られて購入されたときにすぐ親のスマホやパソコンに購入した旨のメールが入りますので子供にすぐに注意することができます。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

子供の携帯電wなを格安スマホに乗り換えれば、3大キャリアのジュニアスマホだと1か月に5,000円弱かかる利用料金をなんと2,000円前後まで抑えることができちゃいます!家計費を抑えて貯蓄をふやしていきたいと思っていらっしゃる方は、キャリアスマホから家計費を劇的に節約することができる格安スマホにチェンジすることをおすすめします。

関連記事

  1. お金節約

    ランドセル寄付!無料で使用済み中古ランドセルを回収!

    6年間の役目が終わったお子さんのランドセル、皆さんはどうしていますか?…

  2. お得な豆知識

    お金を貯めれる主婦の特徴とは?貯まらない主婦の違い

    お金を貯めることって簡単なようで難しいことです。ある人はどんな貯金方法…

  3. お金節約

    節約生活4人家族!どんな朝ごはん食べる?やりくり上手を暴露

    皆さんは、普段食費にどれくらいお金をかけていらっしゃいますか?…

  4. お得な豆知識

    主婦の為の子育ての時間・お金節約法!ネット活用で楽しよう!

    子供と触れ合う時間をたくさんとりたい、大切にしたい!ママなら皆そう思い…

  5. お得な豆知識

    お金をかけない食生活で健康になれる!食生活改善で体調管理!

    毎日楽しく活き活きと生活するためには、やはり体調管理が大切です。…

  6. お金節約

    エアコン暖房の電気代を節約する方法!温度調整で激安ポイント

    暑い夏も終わり、秋が終わると寒い冬がやってきます。冬に欠かせないのがお…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ツイッター

  1. お得な豆知識

    鈴鹿サーキット遊園地の料金と混雑や駐車場について!
  2. お得な豆知識

    【三重県】花火大会2018年│見やすいオススメ穴場とは?
  3. 子育

    【3歳児】言う事聞かない子の叱り方4選!正しい対処法で変わる
  4. お得な豆知識

    平成いつまで? 西暦ではいつからいつまで?新元号の真相とは?
  5. 広島県を楽しむ

    【広島観光】宮島周辺で子供が楽しめる穴場スポット3選!
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。