子育

youtubeは子供に影響ある?危険と感じたら見せない?

現代は、スマートフォンやタブレットなどお家でも屋外でもネットが簡単に楽しめるガジェットがあります。

昔と違って、子供も幼い時から親御さんが子供をあやすためにスマートフォンのアプリケーションを使ったり、youtubeでお子さん向けの動画を見せたりすることもあるかと思います。ですが、youtubeにはお子さん向けのコンテンツもあれば、お子さんに見せたくないような大人向けのコンテンツもあります。

ある種動画の無法地帯ともいえるyoutubeは子供の成長に何らかの影響があるのでしょうか。

気になりますよね!

そんな、youtube子供への影響が心配な親御さんのために、ここではyoutubeは子供にどんな影響があるのか、また、youtubeは子供に見せる危険性があるのか、さらに、youtubeは最終的に子供に見せてもよいのか見せないほうが良いのかについて詳しくご紹介させて頂きます。

youtubeの子供への影響や危険性について詳しくお知りになりたい方は、要チェックです!

スポンサーリンク

youtubeは子供にどんな影響がある?

子供にyoutubeを自由に見せると、子供は個人のyoutuberがアップした面白動画を頻繁に見るようになりますので、その動画の実況者の「マジウザい」とか「おい」などの乱暴な言葉を真似して気がつかないうちに言葉遣いが乱暴になってしまうという影響が出てきます。

お子さんの憧れの職業がyoutuberという現代、youtuberの言動はその動画を見ている子供に多大な影響を与えますので、親御さんがお子さんに言葉遣いの指導をきちんとしておかないと、乱暴な言葉づかいでお友達などを傷つけてしまう可能性もあるのです。

お子さんに、ネットの影響で言葉遣いが悪くなっていることを気づかせるのに良い方法があります。それは、ゲームなどを夢中でしているときに乱暴な言葉遣いをしている様子をスマートフォンやタブレットを使って動画を撮影し本人に見せるという方法です。

乱暴な言葉を発している本人は、自分がどんなに乱暴な言葉を使っているかわかっていない場合がありますので、動画で子供の発言している様子を子供自身に見せると、自分自身の発言にショックをうけて、以後あまり乱暴な言葉を使わないようになっていくと思います。

子供にYouTubeを見せるうえでの注意点について。こちらも、ご参考ください。
>>子供にユーチューブを見せる場合の注意点4選

スポンサーリンク

youtubeを子供に見せる危険性はある?

youtubeを子供に見せるのは良いのですが、youtubeの危険性も念頭に置いて注意しながらyoutubeを見せる必要があります。

①視力の低下
youtubeを子供に見せる場合の危険性のひとつに視力が低下してしますというものがあります。youtubeの動画を見るのに欠かせないガジェットであるスマートフォンやタブレットはブルーライトを発生しています。

このブルーライトは目にとても悪いので、フィルターなどをつけずに長時間&長期間このブルーライトを目に浴びていると視力が低下すると言われていますので注意が必要です。

視力はいったん低下してしまうと元に戻すことは難しいので、目が悪くならないようにyoutubeをタブレットやスマートフォンで見るときは短時間にしておき、タブレットやスマートフォンにはブルーライトカットのフィルターをつけておくようにしましょう。

②コミュニケーション能力の低下
2番目のyoutubeの危険性は、他人とのコミュニケーション能力が低下してしまうという点です。

漫画などと違いyoutubeは終わりがありませんので、ずっと夢中で見続けてしまうため、周囲の人とコミュニケーションをとることが少なくなってしまい、情報を発信する能力が低下してしまい他人に何かを伝えるというコミュニケーションがしづらくなってしまうという危険性があります。

③学力や思考力の低下
3番目のyoutubeの危険性は、学力や思考力の低下です。

youtubeを見たからと言って学力や思考力が低下するわけではありませんが、youtubeを見るとその分勉強に使うべき時間が圧倒的に少なくなってしまいます。それゆえに、学力や思考力が低下してしまう可能性が発生してしまうのです。

④非常識な情報をうのみにしてしまう
最後にご紹介させて頂きますyoutubeの危険性は、非常識な情報をうのみにしてしまう可能性があるという点です。

テレビは法令順守しているため、倫理に反することや危険なことを行っている番組は即終了してしまうぐらい放送に関する厳しい決まりがあります。さらに、テレビ番組の内容を監視している団体もあるので、有害な内容の番組が放送されることはほとんどありません。

しかし、youtubeは、企業や団体だけでなく個人が動画を作成している場合がありますので、公序良俗に反している動画をアップする場合もあります。

放っておくと子供がその公序良俗に反する動画を夢中になってみることになり、引いては非常識な言動をそのままうのみにして非常識な言動を発する人になってしまいかねない危険性があるのです。

youtubeは子供に見せる?見せない?

youtubeには有用な情報がありますので、私の意見といたしましては、時間を制限して、動画を見るガジェットにブルーライトカットのフィルターをつけていればyoutubeを見ても全く問題ないと思います。

もちろん、子供がyoutubeで動画を見るときにはどんな動画を見ているのか親御さんがきちんとチェックしておく必要があります。

履歴などを確認して公序良俗に反しているような動画を見ている場合には、お子さんにちゃんと注意して今後その動画は見ないように約束をさせましょう。もちろん、ブックマークも削除しておかなくてはいけません。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

youtubeは確かに子供に対して危険性があると言えるのですが、コンテンツの内容いかんではお子さんに対して有用な場合もあります。

お子さんに対して頭ごなしにyoutubeを見てはいけないと叱るのではなく、時間制限したり、ブルーライトカットのフィルターをかけたり、コンテンツの内容をチェックしてあげたりするなどして子供に悪影響なくyoutubeを視聴できるように導いてあげましょうね。

関連記事

  1. お得な豆知識

    【女の子】子供におすすめの習い事!娘に習わせたい習い事8選!

    可愛い衣装の習い事、女の子らしい作法が身に付く習い事等...娘にどんな…

  2. お得な豆知識

    幼稚園と保育園の違いとは?将来的に学力の差でるの?ママの不安解消

    幼稚園と保育園ってどこが違うの?学力に差が出るって本当...?親として…

  3. お得な豆知識

    2歳児が喜ぶ室内や室外遊び種類とは?オススメの遊び方

    2歳児は、益々好奇心が強くなり、何でも自分でやりたい!という気持ちが旺…

  4. 子育

    ママ友とのリアルなトラブル体験談!幼稚園・保育園での対処法5選

    子供ができると、幼稚園や保育園、学校、児童館、地域の行事などで、他のマ…

  5. 子育

    1歳児の赤ちゃん叱り方!正しい叱り方とダメな叱り方10選を暴露

    1歳になると、歩けるようになる子もいて益々活発に動き回るようになる時期…

  6. お得な豆知識

    生後 1 ヶ月の赤ちゃん寝ないで夜泣き!対処法を伝授!

    何をしても泣き止まない...?まだ言葉も、ママのこともあまり理解してい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ツイッター

  1. 子育

    【三重県】雨の日でも子供が遊べる観光地や遊び場7選を特集!
  2. お得な豆知識

    半身浴はニキビが増える原因になる?身体にはいいけど逆効果?
  3. 子育

    1歳の女の子に贈るクリスマスプレゼント7選!絶対に喜ぶ
  4. お得な豆知識

    紫外線対策には朝からの食べ物が重要!日焼け予防でキレイな肌
  5. お得な豆知識

    【大阪観光】地元民が選ぶ子供連れで楽しめる穴場スポットは?
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。