悩み

口内炎で痛い場合、食べ物でおすすめは?原因を知ったら解消!

「食べ物を食べたり、飲み物を飲んだりしたときにしみるので、口の内側をよく見たら口内炎ができていた!」なんてことよくありますよね。

口内炎ができると治るまでしみて痛くなりますが、この口内炎ができる原因って何なのでしょうか?気になりますよね!

ここでは、口内炎ができた人や普段から口内炎ができやすい人のために、口内炎ができる要因と口内炎の要因になってしまう食べ物や口内炎で痛い時におすすめの食べ物について詳しくご紹介させて頂きます。

口内炎に関する豆知識をお知りになりたい方は、要チェックです!

スポンサーリンク

口内炎ができる原因とは?

口内炎の要因になってしまう食べ物や、口内炎で痛い時におすすめの食べ物をご紹介する前に、まず、口内炎ができる要因についてご紹介させて頂きます。

実は、口内炎ができやすくなってしまう要因とは、ビタミンB群の摂取不足が主な要因となっています。そのビタミンB群内でも特にビタミンB6やビタミンB2、ビタミンB12を積極的に摂取するように心がけると口内炎ができづらくなります。

ビタミンB群の摂取はそれらの栄養素を多く含む食品から摂取してもよろしいのですが、それらのビタミンB 群を含む食品が苦手な方は、ビタミンB群を含むサプリメントを定期的に摂取するとよいでしょう。また、口内をうっかり噛んでしまったときにもそこから口内炎になってしまう場合があります。

普段は、口内を噛んでしまうことはあまりないのに、疲れて口内がいつもよりむくんでいたりすると噛みやすくなってしまいます。そうならないためにも、疲労がたまっているときにはしっかりと休息をとったりして、体をリラックス状態に戻すようにしましょう。

さらに、虫歯を治療しているときや虫歯を放置しているなど、口内環境が悪くなっているときに口内炎はできやすくなります。口内環境が悪いせいで口内炎ができやすくなっている方は、まず、虫歯の治療を完了させて口内環境を整えましょう。

その他にも口唇ヘルペスなど人から人へと感染するウイルスが入ってきたときも口内炎になりやすくなりますし、きちんと殺菌や消毒をしていない指を口内に入れると口内に雑菌が繁殖して口内炎をおこしてしまう事もあります。

普段から口内炎ができやすいと自覚されていらっしゃる方は、こまめにうがいしたり、殺菌成分の配合されている石鹸で手をきちんと洗ったりして、口内と手指を清潔に保つようにしましょう

スポンサーリンク

口内炎の原因になる食べ物ってあるの?

上記で口内炎になってしまう要因をいくつか挙げさせていただきましたが、実は、食べ物にも口内炎の要因になってしまうものがあるのです!

口内炎の要因になってしまう食べ物として、まず挙げられるのがたんぱく質を分解する酵素がたくさん入っている果物です。

例えば、パイナップルやキウイなど食べると口内がヒリヒリするような食べ物は、口内の粘膜が酵素によって分解されてしまったがゆえの炎症だったりします。

このようにたんぱく質を分解する酵素がたっぷり入っている果物などを食べて炎症を起こしているときに口内に雑菌や細菌が繁殖してしまうと、口内炎になりやすくなってしまうのです。

あと、焼き魚や煮魚などを食べているときに小骨が口内に刺さると、その傷に細菌や雑菌が入って炎症を起こし口内炎になってしまうこともあります。

このように、たんぱく質を分解する酵素がたっぷり入っている果物を食べたり、魚の小骨が刺さったりすることが要因で炎症を引き起こし、口内炎になってしまうときは口内環境が悪くなっているときが多いので、普段から疲れがたまっているときにはしっかりと休息をとってリラックスしたり、うがい手洗いをこまめに行ったりするなど口内環境を整えるように気をつけてださい。

キウイやパイナップルなどたんぱく質を分解する酵素が多い食べ物を食べたり、魚の骨が口内に刺さったりしたとしても口内炎ができづらくなります。

その他にも酸味の強いイチゴや塩分や香辛料を多く含む献立、カレーライスなどの辛みの強い食べ物、食感が固いおせんべいなどの食べ物や口内に残りやすい食べ物、温度の熱い食べ物は刺激になりやすいため、口内炎になっているときには避けたり、温度を冷ましたりしてから食べるようにしましょう。

口内炎で痛い場合、どんな食べ物がおすすめ?

口内炎になっているときは、食べ物を食べたり飲み物を飲んだりするとしみて本当につらいですよね。

では、口内炎で口内が痛い時にはどのような食べ物がおすすめなのかと言うと、水分を多く含んでいる柔らかい食べ物が口内に刺激をあまり与えないのでおすすめです。

口内に刺激ある辛みの強い味付けも口内炎ができているときは控えて薄味にしましょう。

柔らかい食べ物としておすすめの食材は、柔らかく炊いたお米やお豆腐、バナナなどです。そのままでは固くて食べられない食材は柔らかく煮込んだり、裏ごししたり、片栗粉などでとろみをつけたりするなど調理方法を工夫したら口内炎ができていても食べやすくなります。

栄養バランスのとれた飲み物やゼリー状の栄養補助食品も口内炎ができているときに摂取しやすいおすすめの食品です。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

口内炎ができてしまう要因には様々なものがありますが、口内環境が悪いとさらにできやすくなってしまいますので、普段から疲労がたまっているときにはしっかりと休息をとったり、うがいや手洗いをこまめにしたり、虫歯があったらきちんと治療したりして、口内環境を正常に保つようにすれば、口内炎ができづらくなりますよ。

関連記事

  1. お得な豆知識

    知らなきゃ損!デスクワークで肩こり腰痛を引き起こす本当の原因

    会社でパソコンを主に使う人だったら必ず起こりうる肩こりに腰痛。CMでも…

  2. 子育

    ママ友とのリアルなトラブル体験談!幼稚園・保育園での対処法5選

    子供ができると、幼稚園や保育園、学校、児童館、地域の行事などで、他のマ…

  3. お得な豆知識

    好きな男性のタイプが分からない女性の悩み!好みを知る方法

    好きな男性に注目されるような女性になりたい!男性にモテたい!そう思った…

  4. 健康

    酷い肩こり解消は「お風呂」が効果的!身体を温めてほぐす

    肩こり、悩んでいる人はたくさんいますよね。私自身も職業柄もあり肩こりが…

  5. お得な豆知識

    アトピーは食事に気をつける!食べてはいけない食べ物とは?

    アトピーの症状をお持ちの方、そしてアトピーの症状のあるお子さんを持って…

  6. 悩み

    頭皮が汗でかゆい!原因や対策方法を知って悩みスッキリ!

    夏が近づいてくると汗の量が一気に出てくると思います。何も夏に限った事で…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ツイッター

  1. お得な豆知識

    ハウスダストは布団にも!ダニアレルギー対策で安眠できる方法
  2. 健康

    えごま油と亜麻仁油どちらが良いの?比較してみた!衝撃的な結果
  3. お得な豆知識

    生後1ヶ月の赤ちゃんミルクの量はどれぐらい?ママの疑問解決
  4. お金節約

    水の節約方法!トイレ、お風呂、キッチン、家庭の水道代節約術
  5. お得な豆知識

    育休の延長はいつまでできる?延長条件のポイント
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。