妊娠中の悩み

妊活中は食事が重要!不妊改善のために摂取したい栄養素とは

妊活中には、規則正しい食生活が重要なことを知っていますか?不妊症改善には、不妊治療だけでなく、栄養バランスの整った食事や生活習慣も、とても大切なんです。今回は、不妊改善のための食生活や生活習慣、妊活中に摂取すると良い栄養素についてまとめました。

スポンサーリンク

妊活中は規則正しい食生活・食事・生活習慣が重要

・妊活には基礎体温の測定や排卵日を調べることだけでなく、規則正しい食生活や生活習慣も重要!
妊活というと、基礎体温を測ったり、産婦人科で排卵日を調べてもらったりすることをイメージしますよね。もちろん、それらも妊活には必要なことですが、規則正しい食生活をすることも、妊活には大切です。1日3食、できるだけ規則正しい時間に食事をとったり、好き嫌いをせずにバランス良く食べることは、健康な身体をつくり、妊娠しやすい身体へと導いていきます。

また、夜更かしをせずに睡眠時間もしっかりと確保しましょう。睡眠中に分泌されるホルモンは、卵子の老化を遅らせる働きがあるといわれています。また、良質な睡眠は、ストレスを軽減させ、妊活に大切な女性ホルモンの分泌を促してくれます。

・妊活に良い食品でも過剰摂取には注意する、何でもバランスよく食べることが大切
妊活に効果があるとされている食品でも、そればかりを食べていては栄養バランスが偏ってしまい、規則正しい食生活を心がけているとはいえません。妊活に良い食品は、様々な栄養素と併せてとることで効率よく身体に吸収することができます。忙しくてなかなか毎回バランスの良い食事をとることが難しいという場合でも、あまり神経質になり過ぎないようにしましょう。

例えばお昼をコンビニで済ませたなら、夜は外食で不足しがちなやビタミンやミネラルを補う食事をとるなどして、大まかでもいいので1日のトータルバランスを整えていきましょう。

・妊活には抗酸化作用のあるビタミンEを積極的に摂取すると良い
抗酸化作用のあるビタミンEは「子宝ビタミン」とも呼ばれていて、妊活に良いと注目されています。身体を錆びさせない、つまり、老化を防ぐ役割があり、卵子の老化を遅らせる効果が期待できます。また、ビタミンEには血行促進の効果もあります。冷え性の女性は妊娠しにくいともいわれていますので、身体を温めることで妊活力を高めることができます。さらに、ビタミンEはホルモンバランスを整える働きもあり、基礎体温の安定にも役立つ栄養素です。

スポンサーリンク

妊活中は「葉酸」を含む食品がオススメ!妊活中に葉酸が大切な理由とは?

・新しい細胞をつくる
葉酸は、細胞分裂や身体をつくる元となるタンパク質の合成に関わる重要な栄養素です。胎児は細胞分裂を繰り返して発育します。そのため、葉酸は妊活中だけでなく妊娠中のママにも積極的に摂取することが勧められています。

・胎児の先天性障害の予防
葉酸が不足すると、胎児の先天性障害(神経系閉鎖症)のリスクが上がるといわれています。そのリスクを下げるためには、妊娠前から葉酸を摂取すると良いとされています。

・造血作用がある
葉酸は造血のビタミンともいわれています。葉酸を摂取し、子宮にしっかり血流が行き届くことで子宮の働きが良くなり、子宮内の環境を整えてくれます。それによって、子宮内膜を厚くする効果もあります。

・貧血の予防
葉酸には造血作用があるめ、貧血の予防にも効果があります。赤ちゃんができても、ママが貧血だと十分に胎児に必要な栄養を届けることができません。赤ちゃんが未熟児や低体重で生まれることを防ぐためにも、妊娠前から葉酸を摂取して貧血を予防することが大切です。

このように、妊活中に葉酸を摂取することはとても重要です。しかし、葉酸は熱に弱く、加熱調理によって栄養が損なわれてしまいやすい栄養素です。葉酸を効率良く摂取するためには、サプリメントを利用することもおすすめです。

普段の規則正しい食生活でも不足しがちな葉酸を簡単に摂取できる方法はサプリメントです。
>>1日に必要な葉酸を摂取できるサプリメントはコチラ

妊活中に注意しなければいけない点とは?

・ダイエットのし過ぎには注意する!
痩せすぎている女性は妊娠しにくいといわれています。不妊症のリスクを下げるために、無理なダイエットは控えるようにしましょう。規則正しい食生活を心がけ、健康な身体づくりに努めましょう。

・糖質や炭水化物の摂り過ぎに注意
糖質や炭水化物をたくさん摂ると、血糖値が上がります。血糖値が高くなると、卵巣の機能を低下させるといわれています。

・生肉や生魚など、寄生虫や食中毒の危険がある食品の摂取は控える
食中毒になると胎児の発育を阻害する恐れがあります。また、寄生虫に感染すると、胎児に障害が残ってしまう危険性もあります。生肉の摂取は控えるようにして、生魚を摂取する際には、鮮度が良く安心できるものを選ぶなど十分な注意が必要です。

・カフェインやビタミンAの過剰摂取に注意
カフェインの摂り過ぎは、低出生体重児のリスクが高くなるといわれています。また、ビタミンAの過剰摂取は、胎児の形態異常を引き起こす可能性があります。

スポンサーリンク

まとめ

規則正しい食生活や生活習慣は、健康的な身体づくりの基礎にもなります。赤ちゃんが欲しい!健康な赤ちゃんを生みたい!と望めば望むほど神経質になってしまいがちですが、規則正しい生活を心がけることがストレスとなってしまっては逆効果になります。全て完璧にしようとせずに、心にゆとりを持つことも、妊活には大切です。

関連記事

>>妊婦さんには葉酸の摂取が重要!葉酸を妊娠中に飲む理由について

>>妊娠中に食べたほうが良いもの!食べないほうがよいもの

関連記事

  1. お得な豆知識

    疲労回復に即効性の効果がある食べ物とは?

    疲労感って誰にでもありますよね?肩が凝ったなぁとか、なんか今日は胃の調…

  2. お得な豆知識

    家でできる運動不足解消の方法とは?不健康ならダイエット重要

    運動不足解消!じゃあ今日からジムへ!なんてことは難しい話です。…

  3. お得な豆知識

    結婚前の不安って何?この男性で大丈夫?お金?悩み解消法

    いざ結婚するとなると、幸せな反面、不安になるという女性も多いかと思いま…

  4. お得な豆知識

    いびきを治す方法があった!自力でうるさい「いびき」防止・ケア

    いびきって自分では分からないのが厄介ですよね。寝ているとき横でグーグー…

  5. 妊娠中の悩み

    妊娠後期の過ごし方とは?出産まで注意すること8選

    妊娠後期になるといよいよ出産間近となり、赤ちゃんに会える嬉しさと出産に…

  6. お得な豆知識

    赤ちゃんの男女性別いつわかるの?エコーでの判断方法の真相とは?

    元気に健康で生まれてきてくれたら性別はどちらでも構わない、男の子でも女…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ツイッター

  1. 妊娠中の悩み

    つわり気持ち悪い症状が続く場合の対策とは?妊娠初期の悩み
  2. 子育

    1歳児の育児で多いママの悩みランキング!こんな悩みが1位
  3. 赤ちゃんの悩み

    チャイルドシートって何歳まで使うの?使用義務を暴露!
  4. お得な豆知識

    妊娠中に「辛かったこと」「嬉しかったこと」リアルな体験談!
  5. お金節約

    エアコンの電気代を激的に節約する方法8選!安くて嬉しいテクニック
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。