お得な豆知識

いびきを治す方法があった!自力でうるさい「いびき」防止・ケア

いびきって自分では分からないのが厄介ですよね。寝ているとき横でグーグーいびきをかかれると寝れない!と主人の鼻を摘んでやったり、なんてことよくありませんか?

いざ、寝ようとした時にいびきが聞こえたりするとそれが気になって眠れなくなって、隣にいる人が睡眠不足になったり。お友達からもよく旦那のいびきがうるさくて寝れない!と聞くことがよくあります。そんな自分では気づけない「いびき」、他人から指摘されてもどうやって治せばいいんでしょうか?病院に行く?でもそんな大層なことしなくたって自分でえびきを防止したり、抑えることってできないんでしょうか?いびきを自力治すことができたら嬉しいのに。

スポンサーリンク

今日はその方法をお話します!

「いびき」の種類について

いびきにはいくつか種類があります。

①散発性いびき
まず一つめは「散発性いびき」です。普段はいびきをかかない人でも、疲れたとき、お酒を飲んだ時、鼻がつまっている時などにかくいびきのことです。

②習慣性いびき
もう一つは「習慣性いびき」です。これは寝るときにいつもいびきをかいている人のこと指します。またこの「習慣性いびき」は「単純性いびき」と「睡眠時無呼吸症候群SAS」の二つに分けられます。

③睡眠時無呼吸症候群SAS
この中でも注意が必要なのが「睡眠時無呼吸症候群SAS」に伴ういびきです。日中眠っている間に低酸素状態が続くことで起きても眠たかったり、生活習慣に関するもので、最悪の場合、命に関わる重大な問題になります。

疲れたときやお酒を飲んだときなど、たまにかくいびきに関しては大きな問題はありません。ですが習慣的にかくいびきには注意する必要があります。もしご自身の身の回りの方にそんな方がいれば注意して観察する必要がありますね。

「いびき」の原因とは?

いびきの原因とはなんでしょうか?鼻が詰まっているときはなんとなくわかりますよね。

①口呼吸
まず一つ目の原因は「口呼吸」です。寝ているときに口呼吸をしていると、重力により舌が落ちて上気道を塞ぎます。これによっていびきをかいてしまいます。どうしても鼻が詰まっているときなどは口呼吸をせざるをおえずいびきをかいてしまうということですね。ですので、できるだけ鼻づまりは治したほうがいいです。口が乾燥するとウイルスも繁殖しやすくなり風邪の原因にもなります

②肥満
二つ目は「肥満」です。よくテレビなんかでも太っている人がいびきをかきやすい、というのは目にしたことがあります。実際芸能人の方で太っている方がいびきがすごかったり、睡眠時無呼吸になっていたりも見たことがあると思います。太っていると喉の周りに脂肪がついてしまって、それが原因で上気道を塞ぎいびきをかいてしまいます。それだけではなく、太っていることが原因でほかの病気にもなりやすいです。できるだけ適正体重をキープすることが好ましいです。

③疲れやストレス
三つ目は「疲れ」「ストレス」です。どうして疲れたりストレスを感じることがいびきにつながるのでしょうか?それは体が疲れきってしまうことで、喉の筋肉が緩んで舌が落下し、上気道を塞ぐことでいびきをかいてしまいます。できるだけストレスや疲れをとるようにしましょう。

④アルコール
四つ目は「アルコール」です。お酒を飲むことで喉の筋肉が緩み舌が落下し上気道を塞いでいびきをかいてしまいます。またお酒を飲むことで血流がよくなり、鼻づまりも引き起こしがちです。鼻づまりも先程も説明しましたが口呼吸になり舌が落下して上気道を塞ぐ原因にもなります。できるだけ寝る直前での飲酒は控えましょう。

もともとの体の構造上からいびきをかきやすい人もいます。自分がどうしていびきをかいているのか、専門的な所で診てもらうのもいい機会かもしれません。

スポンサーリンク

いびきを自力で治すには薬・サプリメント・ダイエットがある

いびきを自力で治すにはではどうしたらいいのでしょうか?鼻づまりをなくす、鼻にはるテープやいびきを止めるグッズは最近たくさんでています。それだけいびきをかいて、困っている人がいるということです。ですが鼻のテープなんかは違和感があったりして逆に気になって眠れない!なんてこともあると思います。そんな時にお手軽に試せるのがサプリメントです。

いびきに自力で治すには、サプリメント?と思いますがちゃんとあるんです。いびき用のサプリメントにはいびきを緩和させるコエンザイムQ10が配合されています。コエンザイムQ10には空気の通り道をよくしてくれます。また一緒にビタミンEをとることにより効率的にコエンザイムQ10を九州してくれる働きがあります。

他にもギャバなどもストレス緩和にいいとされているので一緒に摂るといいですね。またダイエットすることで肥満からくるいびきを解消することができます。規則正しい生活をして栄養バランスのとれた食事をとる。適度な運動をすることでストレスの緩和にもなりますし、ダイエットにもなって一石二鳥!

まとめ

いびきって自分ではわからないけど、かいてるのかなぁ?と心配になって一緒に寝ている人に聞いてみたりなんてことしたことがありますよね。もし周りに習慣的にいびきをかいている人がいれば無呼吸になってないかを確認してあげたりすることもいいですね。

今はたくさんの商品がでているのでまずそれを試してみたり、次にサプリメントを試してみたりと自分にあったいびき対策を見つけましょう。

スポンサーリンク

関連ブログ

>>花粉症で肌荒れになった場合!オススメのスキンケア化粧品とは?

>>紫外線対策してますか?お肌に悪い時間やケア方法を公開

>>顔や体のカサカサとした乾燥肌で悩んでいませんか?乾燥肌のケア方法

関連記事

  1. お得な豆知識

    【女性編】音痴でもカラオケで歌える歌!歌いやすい曲とは?

    カラオケなどで歌うことってとってもすっきりしますよね!ストレス発散にカ…

  2. お得な豆知識

    【梅雨の時期のカビ対策】部屋のカビを除去し快適に過ごせる!

    梅雨の時期になると家の中はジメジメしているうえにカビが生えてしまうこと…

  3. お得な豆知識

    遠距離恋愛からタイミングよく結婚へ!「結婚と仕事」究極の選択肢

    彼のことは大好きで毎日一緒にいたい!でも、仕事も充実しているので失いた…

  4. お得な豆知識

    USJアトラクション│幼児、赤ちゃんも楽しめるベスト10!

    大阪のおすすめスポットと言えばやっぱりUSJ(ユニバーサルスタジオ・ジ…

  5. お得な豆知識

    お正月に保育園児との遊び方!昔ながらの遊びで楽しむ!6選

    お正月には子供のころに遊んだ懐かしい遊びを楽しんで、家族でゆっくりと過…

  6. お得な豆知識

    2歳児の子供に必要な栄養のある食事!ご飯のレシピ・メニュー

    2歳児は、幼児食を始めてから1年ほど経ち、色々な食べ物に慣れてきた頃で…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ツイッター

  1. お得な豆知識

    ダメ男の特徴と見分け方とは?結婚前に見抜いておきたい!
  2. お得な豆知識

    ハウスダストは布団にも!ダニアレルギー対策で安眠できる方法
  3. お得な豆知識

    【大阪あるあるネタ】大阪人の面白い常識や習慣を暴露!
  4. お得な豆知識

    大根を長持ちさせる保存方法とは?【冷凍・冷蔵・常温】違い
  5. お得な豆知識

    3歳の子供に必要な食事!ご飯のレシピ・作り方・メニュー公開
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。