お得な豆知識

子供1人を成人させるまでにかかるお金はどれぐらい?疑問解消

子供が生まれてから多額の費用がかかってしまうのですが、どれぐらいの費用がかかるのかご存知でしょうか?高校や大学での費用は私立か公立によって変わってきます。

今回は子供1人が大学を卒業するまで(成人するまで)にどれぐらいのお金(費用)がかかるのか、そしてそれを抑えるにはどうすればいいのかについて、お伝えしていきたいと思います。

スポンサーリンク

幼稚園や保育園にかかる子供の費用(お金)はどれぐらい?

保育園や幼稚園に入園をしてから卒園するまでには、どれぐらいの費用がかかるのでしょうか。今回は入園から卒園までにいくらかかるのかをお伝えします。

保育園の費用

保育園で必要となる保育料は扶養義務者の人数や子供の年齢などに応じて決まるため人それぞれとなりますが1万円~3万円が平均的な金額です。ですので1年で12万円から36 万円くらいかかってしまいます。

幼稚園の費用

幼稚園に入ると保育料以外に入園料や設備費、入園グッズに費用が掛かります。入園料などは幼稚園に入るときに請求されるのですが国や地方自治体から補助金が出る場合がありますのでお住いの自治体に確認をしてみてください。また幼稚園に通う場合にバスを使う場合には、バス代として3000円から5000円ぐらいが平均的にかかります。

小学生や中学生にかかる子供の費用(お金)はどれぐらい?


小学校や中学校を入学から卒業まではいくらお金がかかるのか心配になっている人もいると思います。いくら費用がかかるのかお伝えします。

小学校の費用

小学校は義務教育ですのでほとんど費用がかからないと思いがちですが意外と費用がかかります。公立の小学校に入れば年間で10万円程ですが、私立の小学校に入ると100万円程かかり約90万円の開きがあります。また学校外教育費として公立であれば年間20万円程ですが、私立ですと70万円程かけているのが現状です。

中学生の費用

学校教育費として毎月4万円程かかります。4万円の中には授業料や給食費、部活外活動費が含まれています。年間には48万円の費用がかかり3年間で144万円もかかる計算になるのです。

学校教育費以外

中学生になると教育費以外にも生活費、携帯電話代、医療費などといった費用が多くかかってくるようになります。子供が大きくなってくると教育費が多くなるためそちらに目がいきがちになるのですが子供に対しての貯蓄や大学への資金に平均で年17万円貯蓄していますのでその分も費用がかかることになります。

中学3年間にかかる費用は?

子供が中学を卒業するまでにかかる費用は大体140万円〜200万円くらいです。金額に差額が生まれているのは子供によって塾などにかかる費用が変わってくるためです。

スポンサーリンク

高校生や大学生にかかる子供の子供の費用(お金)はどれぐらい?

高校生や大学生になると中学生と比べた場合に必要な費用が増えてしまいます。ではどれぐらいの費用が必要なのでしょうか?

高校生の費用

高校生になると小中学校とは違い義務教育ではなくなるので小学校や中学校と比べても費用が多くかかります。入学金や交通費、制服代などがかかってしまいます。学習費は1年間に30万円程かかり3年間で90万円程かかります。この学習費の中には授業料や学校納付金修学旅行積立金が含まれています。

大学生の費用

大学生になると入学金や学費、交通費以外にも家賃や食費などもかかってきます。平均的に見ると仕送りで7万円、学費は半期で50万円かかります。それが4年間続きますので約730万円程かかることになってしまいます。

子供にかかる費用を抑えるにはどうすればいいの?

大学を卒業するまでに必要な費用は約1000万円程といわれていますがそれを抑えるにはどうすればいいのでしょうか。学費を抑えるにはどうすればいいのかをお伝えします。

習い事を抑える

子供がある程度の年齢になってくると、スポーツや芸術、音楽などの教養を身につけてほしいとからとさまざまな習い事をさせると思います。ですが小さいときから時間を縛ってしまうと子供にとっていいことはありません。子供が自分からやりたいという習い事は別ですが、親がやらせる習い事は1つ多くても2つまでにしてください。

また多くの習い事をさせるとそれだけでたくさんの費用がかかってしまいますので1つか2つにすることで月謝を抑えることができます。

学費を抑える

学費がたくさんかかってしまうと悩む場合、学費以外のところを抑えて学費を払うというパターンが多いと思います。ですが学費自体を抑えることも可能であるということを忘れないでください。学費を抑える方法は中高一貫の学校に行くというものです。中高一貫にすれば塾に行く必要がなくなったり、高校に行く時の入学金等が不要になります。入学金などが不要になることで100万円から180万円程節約することができます。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。子供が生まれてから大人になるまでには多額の費用がかかってしまうことがわかっていただけたかと思います。ですが費用を抑える方法ももちろんありますので抑える方法をうまく利用して子育てをしていってください。

関連ブログ

>>お金を貯めれない主婦VSお金を貯めれる主婦の違いとは?

>>育休の延長はいつまでできるの?延長するための条件について

>>毎月の出費を抑えたいと悩んでいる人!生活費を節約できる方法を解説!

>>夫婦で共働き大変ですよね?仕事と子育を両立する方法について

関連記事

  1. お得な豆知識

    【父の日2018年プレゼント】50代・60代が喜ぶ贈り物!

    母の日が終わったら次は父の日です!母の日はカーネーションを渡したり、一…

  2. お得な豆知識

    既婚者なのに恋愛してしまう女性の特徴と心理、危険な不倫

    最近、既婚女性の不倫の噂をよく聞きます。幸せな家庭があるはずなのに、何…

  3. お得な豆知識

    【女性編】音痴でもカラオケで歌える歌!歌いやすい曲とは?

    カラオケなどで歌うことってとってもすっきりしますよね!ストレス発散にカ…

  4. お得な豆知識

    いい男性がいない!そう思っている女性は人生損してる!対策法

    いい男性がいない!彼氏が出来ない!結婚出来ない...!なかなか、いい男…

  5. お得な豆知識

    太らない夜食はコンビニで買える?ダイエット中でも安心メニュー

    ついつい仕事が遅くなってしまって、晩御飯を食べる時間が深夜になってしま…

  6. お得な豆知識

    花粉症の症状を緩和する食べ物!あの冬の果物が凄い!

    春の行楽が待ちどうしい季節になりました。でも、花粉症の方には、外に出る…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ツイッター

  1. 恋愛・結婚

    嫌われる女子の言動と特徴とは?嫌われない女性の為の対策5選!
  2. お得な豆知識

    妊娠中の手足の浮腫が痛い場合の注意点!気になる悩み解決
  3. お得な豆知識

    3歳の子供が喜ぶ室内や室外遊び種類とは?オススメの遊び方
  4. お得な豆知識

    【体育の日2018年はいつなの?】意味や由来・運動会のはじまり!
  5. お得な豆知識

    【2018年の七五三】時期はいつ?お参りの神社選び!
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。